2009年09月09日

親と違う子育て

(前略)
はじめは「弓さん、元気か」の挨拶が、

「亮さん、生きてるか」と
カツオ漁師の荒っぽいが親愛をこめた口ぶりに変わっていた。



山崎 豊子著「運命の人(四)」 (文藝春秋)





夏休みの1ヵ月半のうち、
3週間は子どもたちを実家に預け、

2週間は千葉の両親に我が家に来てもらって、

私が昼間、仕事をしている間、
子どものめんどうを見てもらっていた。


そして9月になって新学期が始まり、
再び、
母子3人の生活に戻った。



子どもにどなってばかり、
たたいてばかり、
怒ってばかりのお母さんをやめようと、

何百回目かの決意をして迎えた9月だったけれど・・・。





学校が休みの土曜日に、
庭に干しておいた敷布団3枚をしまっておいてねと、

仕事に出かける前に私は、
息子に頼んでおいた。


ところが夕方5時に、
老人福祉施設の利用者の送迎中に、

私の家の前を車で通った職場の同僚が、

「まだ、布団が干してあったよ」

と教えてくれた。



それで私は6時に帰宅すると、
息子に何時ごろ布団をしまったのか、聞いてみた。

すると、
「3時ごろ」
と答えるではないか!


職場の人が5時に布団を見たと言っていたよ、
と私が言っても、

「3時にしまった」

と息子が言い張るので、
私は息子を信じることにした。



ところが、
夜7時近くに友人宅から戻ってきた娘が、

「5時にはまだ、布団が干してあったよ」

と教えてくれた。



私はすぐに息子を呼びつけ、

「妹が、5時に布団を見たって言っているよ?
おまえは、私にウソをついたのか?」

とどなった。


息子は観念したのか、
今度は5時過ぎに布団を取り込んだことを認めた。



夕方寒くなってから、
布団を取り込んだことも残念だったけれど、

息子が私にウソをついたことが、何より許せなかった。




「おまえは、私をだましても平気なのか?」

「ウソがばれないで、
お母さんに怒られなければ、それでいいのか?」


私は息子の頬を2回、思い切りはたいた。



私は怒って、
どなりまくった。






その翌日も、
私は息子をたたいた。


私と娘がサッカー部の試合に出かけてる間に、
るすばんをしていた息子が、

カップラーメンを食べたのに、私に報告しなかったから。



カップラーメンを買い置きする私が悪いのか、

だけど、
カップラーメンは健康によくないと思っているから、

息子が勝手に、
黙って食べたことが許せなかったの・・・。




その晩は、
3人でもんじゃ焼きを食べに行く予定だったのに、

息子は私と一緒に来なかった。


一人で留守番をして、
レトルトのカレーを食べた。



もんじゃ焼きの店から、私は電話したの。

「コーラ、飲む?
かき氷、食べる?
焼きそば、食べるかい?」

と、
息子がもんじゃ焼きのお店に来るように誘ったけれど、

怒って泣いていた息子は、
とうとう来なかった。




私は、育児に行き詰っている。


楽しい親子関係に、
いろんな話のできる親子になりたいのに、

ちっともうまくいかない。



苦しくて、
悲しくて、
自分が情けない。




でも、
行き詰るって、すばらいいこと。


今のままの私でいてはいけない、
ということだけは、

わかるから。



じゃあ、どうしたらいい?





今日ね、
私が働いている老人福祉施設のおばあさんと話をしたの。


もうすぐ80歳になるというその人は、
争いごとが嫌いだから、

一度も夫婦ゲンカをしたことがなく、
子どもを怒ったこともほとんどなかったと言うの。



ご主人が亡くなる前に、
彼女にこう言ってくれたんだって。

「おまえ(が妻)だったからこそ、
(ワンマンの)俺とうまくやってこれたんだな」




彼女はケンカしたくないから、

「自分がバカになって、
(夫から)白なのに黒と言われても、
ハイハイとやってあげた」

と言った。


だから子どもが二人ともとても素直に育ち、
子育てで苦労したことがなかったと言う。




もうひとりのおばあさんとも、
子育てについて話をしたんだけれど、

クソまじめな自分がバカになって、
子どもが自分の思うとおりに行動しなくても、
許してあげることも必要なのか、

と思った。


けれど、なぜそれが、
私はできないのか?




それは、
私が怒ることが愛情だと考えていた両親に育てられたから。

怒らないで子どもを育てる環境を、
体験していないからだった。


だからいくら頭で、
怒らないママになりたいと思っても、
なれなかった。




だから、私、決意したの。

自分の親とは違うやり方で、
子どもを育てるって。



それは、
私が結婚する前から思っていたこと。

でも、
改めて決意するネ。




もし、またうまくいかなくても、
また、
怒らないママになる!と心に誓おう。


ストレスを子どもに八つ当たりしないママになるために、
何度でもできるまで、
決意して、がんばろう。




将来、私が一人暮らしの老人になったとき、
子どもがやさしく私に気遣ってくれるような、

そんな親子関係でいたいから。


(そうではない親子関係の老人を、職場で何人か見ているから。
だからわが子が、
親にひどいことをするような大人になってほしくないから)



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!





さて今日の本は、
山崎 豊子著「運命の人(四)」 (文藝春秋)です。
http://tinyurl.com/lgz5jo


新聞記者が裁判にかけられ、
仕事もやめ、夫婦もバラバラになり、

やがてたどり着いたのは、沖縄でした。


その沖縄で出会ったものは、
かつて沖縄返還について取材しながら、
見えていなかった沖縄の戦後の厳しい現実でした。


そして、
「外務省機密漏洩事件」の真相が、
アメリカからもたらされたのでした・・・。



「運命の人」全4巻の最終巻です。

4巻目は舞台が沖縄に移り、
戦後10年たってもまだ、
”本土”とは格差のある沖縄の悲しみが伝わってきました。















  • 光インターネット解約体験

  • ETC購入体験

  • 光ブロードバンド工事体験

  • posted by 成功 at 22:51 | Comment(1) | 育児

    2008年01月05日

    お金だけでなく、家族団らんもほしい

    もともとそんな力などあるはずもない、
    気弱なあいつがたったひとりでね。

    だから妙ちくりんな格好にはなるのだけれど、
    何もしなかった人間が、
    何かをした人間を笑っちゃいけない。



    浅田次郎著「中原の虹 第四巻」(講談社)





    年末は、
    冬休みに入った子どもたちを千葉の実家に預け、
    私は12月28日まで工場で仕事をした。

    子どもがいないので残業を2時間した後、
    工場長と一緒に夕食を食べに出かけて、
    ご馳走してもらった。


    夜に誰かとレストランで、
    子どもがいない席で夕食を食べるなんて、
    しかも男性におごってもらうなんて、
    数年ぶりかも(笑)。



    ところで、
    新しいウィルス駆除ソフトをパソコンにインストールしたのだが、
    やり方をまちがえて(恥)、
    数日パソコンが使えなくなってしまった。

    子どもはいない。
    しかもいつもパソコンに向かって時間を過ごしていたのに、
    使えない。


    うわ〜、ヒマ〜。
    ヒマなのに、子どもがいなくて一人ぼっちで寂しい。

    しかも、パソコン以外に趣味もなく、
    テレビもなく、手持ち無沙汰・・・。



    パソコンが使えなくなってようやく、
    私は今まで子どもと向き合いたくないから、
    パソコンで仕事する、ということに逃げていたんだな〜と気がついた。

    子どもたちが小学校から帰ってきても、
    パソコンに向かったまま。

    夕食前後のくつろぎの時間さえ、
    いそがしぶってパソコンの前に座ったり・・・。



    28日に仕事納めをしてから、
    千葉の実家にひとりで車で向かった。

    久しぶりに合う子どもたちと、
    一緒に何かをして遊ぼうと決めて。



    5日ぶりに会った子どもたちは、
    フンといった感じだったけれど、
    夕食後に娘が「馬飛びしたいから、馬になって」と言い出した。

    母が夕食後の皿洗いをしている間、
    父が敷いてくれた布団の上で、
    娘のために馬になっていると、息子もやってきた。


    家事をしなくていいし、
    冬休みだから子どもも夜更かしできるので、
    「もっと高く」
    と子どもたちに言われるままに、馬になり続けた。

    その後、今度は息子が、
    「おかあ、ポケモンカードバトルしよう」
    と言い出したので、子どもたちにルールを聞きながら、
    娘とチームになって、息子とバトルした。



    子どもたちに優しい声をかけたり、一緒に遊ぶ時間をとったり、
    また今までは会話もしなかった両親にも、
    話をするようにしたりした年末年始だった。

    こんな時間を過ごして改めて、
    家族と楽しい時間の過ごせる人になりたいな〜と思い至った。


    親を恨み、
    子どもを邪魔者扱いしてきたけれど(大恥)、
    40歳のママ友が亡くなったのをきっかけに、
    私は少しずつ行動を変えている。



    家族と楽しい団欒を過ごす−−

    そんな思い出が子どもの頃からない私だったが、
    本当は家族と楽しく過ごしたかったんだね。



    そんな当たり前のことを、
    これから取り戻していく年にしたい。



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =



    新年、
    明けましておめでとうございます。


    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



    年末は、
    目黒雅叙園の百段階段(重要文化財)を見学し、
    渋谷で娘と「マッスル・ミュージカル」を観ました。

    元旦のテレビ番組「筋肉バトル」にも登場した、
    世界一高い跳び箱などが出てくるショーですが、
    大興奮しました!



    お正月は、
    お台場の東京ジョイポリスに行ったり、
    椿山荘フォーシーズンズホテルや御茶ノ水・山の上ホテルに行ったりしました。

    20数年前に結婚式を挙げた椿山荘に、
    当時ホテルはまだできていなかったので、泊まってみたいと思っていましたが、
    とりあえず見学だけしてきました(笑)。






       〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜


    ユキせんせ(=男性)が幼児教育の世界に入ったのは、
    子どもが大好き、というよりも、
    「自分が大人になれていない、自分自身が未熟な子ども」だということを正当化したくて、
    だったそうです。

    そんなでしたから、
    専門学校に2年通って、数十人の子どもたちと直接かかわってみても、
    子どもたちにバカにされ、
    女の子たちにはクスクス笑いされ・・・。


    そんな、子ども苦手のユキせんせは、
    やがてある一つの法則を見つけ、
    パソコン教室、体操教室、英会話スクール、学習塾を立ち上げて、
    どんな子どもの心も開くかを検証してきました。



    私のように子どもが苦手なママ。
    大好きなわが子に怒鳴っているママ。

    一生懸命毎日やっているのに、
    子どもと心がつながらないママへ・・・。



    「笑顔だけの子育て!ほったらかしでも勝手に才能開花する!
    自動化育児で悩みが一瞬で消える!

    コドモ塾育自メール通信講座」
    http://tinyurl.com/3xklyg



    今ならまだ割引料金!
    しかも、
    Eブック(7,000円相当)プレゼントあり♪

    さらに、
    オンライン会員サービスを永久に使い放題♪
    メール通信講座を何度でも自由に受け放題♪






    さて、今日の本は、
    浅田次郎著「中原の虹 第四巻」(講談社)です。
    http://tinyurl.com/3c6u9y

    母が浅田次郎が大好きで、
    ネットで私に本を買わせます。

    映画化された「鉄道員(ぽっぽや」で直木賞を受賞した、
    浅田次郎のこの「中原(ちゅうげん)の虹」は、
    浅田文学の最高傑作と宣伝されている、
    中国の西大后(せいたいごう)以降の時代の冒険小説です。


    読み出すと止まらない・・・





    [PR]シラルガン・サーヴァーボウル
    posted by 成功 at 06:54 | Comment(0) | 育児

    2007年12月30日

    息子が起立性調節障害に!!

    今日から我が家に、家政婦さんが来る!



    ついに、一つの夢が実現する。

    マドンナは、
    マクロビオティックの日本人女性の料理家をプライベートジェットに乗せて、
    ツアーに出ていたということを、
    その料理家の友人の料理研究家から8年前に聞いて以来、
    私もコックを自宅に雇うのが夢だった。


    私は料理は苦手だが、
    冷凍食品やコンビニ弁当などは好きではない。

    派遣社員で働いている工場では、
    給食センターから配送される280円のお弁当をお昼に食べているけれど、
    (ご飯は皆でチンして食べ、おいしいです)

    使い捨て容器に入ったコンビニ弁当や菓子パンを食べるのは味気なくて、
    便利でもめったに買わない。

    ホカ弁を買うなら、高くても外食に行くほどだ。



    ところで、
    二学期になってから学校やサッカーを時々休むようになった小学4年生の息子。

    担任から病院に行くように言われて小児科に行ったところ、
    「起立性調節障害」だといわれた。


    私がガミガミ叱ってどなっているため、
    ストレスで朝具合が悪くなる症状だ(恥)。


    「お母さん、ほめ上手になってください」
    と優しく小児科医に言われたものの、
    なかなか変われず、
    毎日子どもにどなったりたたいたり・・・(大恥)。



    ただ、
    先週末のクリスマスケーキ作りの母子会の集まりで、
    息子のことを発表したら、

    「うちは毎日相談員さんが迎えに来ないと、学校行けないのよ」
    とか、
    「兄弟ふたりとも、小4〜6年まで起立性調節障害だったけど、
    中学に行ったら二人とも、学校に行くようになったわよ」

    と言う人たちがいて、 
    自分だけじゃなかったんだ・・・と驚いた。


    さらに職場でも話したら、
    「うちの息子も、中学1年になって既に22日休んだよ・・・。
    女房がガミガミうるさいんだよ・・・」
    とこぼす男性もいて、
    正直、ホッとしてしまった。



    ホッと一息つけたところで、
    息子をどならないためにも、
    自分のストレスの原因である夕食作りをお金で解決しようと、
    知人の家政婦派遣業者や市役所の役員に値段を聞いた。

    いや〜、
    家政婦さんって高いのネ・・。



    自分が働く時給の2倍位するので、やめようかとも思ったけれど、
    雇って自分が楽になることを既に想像していたから、
    家政婦を雇わなかったら、
    料理嫌いに対するストレスがさらに爆発しそうな気がした。

    それで思い切って、
    まずは1週間、お願いすることにした。


    昨日、家政婦派遣会社に頼んだらすぐに決まって、
    今日から平日の夕方1時間、来てもらえることになった。

    料理上手な人を頼んでもらったので、
    楽しみだ。




    夢って、叶うんだな〜。

    お金がかかるからと言って、
    雇うのをあきらめなくてよかった。


    家政婦さんへの支払い以上のお金を、
    もっとガンガン稼げるように作戦を練っていきたい(笑)。



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =


    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!




       〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜


    ネット界でも有名な海原悠雲さんが、
    成功と幸せを手に入れることができたのは、

    NLP=Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)

    を学んだからだです。


    NLPは有名な自己啓発法ですが、
    クリントン元大統領や故ダイアナ妃たちも、
    NLPを使ったコーチングを受けて、ビジネスに成功したそうです。



    「NLPを活用した目標達成講座」
    http://tinyurl.com/2umjck




    [PR]コフレドール中谷美紀カネボウ
    posted by 成功 at 05:38 | Comment(0) | 育児

    2007年09月13日

    怒りんぼママをやめよう

    私は、怒りんぼママ(恥)。

    子どもに怒鳴って、
    ガミガミ言うのが自分でもいやで、
    直そうとしながら、変わらない怒りんぼママをすでに9年近く(大恥)!


    しかしついに、
    昨夜と今朝は子どもたちに怒らなかったぞ!

    と鼻息荒く、自慢してしまおう(爆)。



    というのも、先日の育児セミナーが衝撃的だったのだ。

    そのセミナーの女性講師は、
    「夜回り先生」の名前で有名な水谷修さんの話を聞いてきたばっかりだそうで、
    現在の高校生、早ければ中学生での悲惨な現実を教えてくれた。


    昔はちょっとグレても、
    髪を染めたりスカートを長くしたり。

    でも今は、ヤクザに直結だそうだ。
    つまり、ドラッグ!!

    そして、リストカット。


    群馬県なら、太田市と伊勢崎市が東京よりもコワイ状況になっていると、
    水谷修さんは言ったという。

    え?

    私は栃木県に住んでいるが、
    東京じゃないから子どもは大丈夫かと思っていた。

    子どもの現実を知らないのは、親と先生と警察だけ、だそうだ。



    さて、
    子どもをドラッグ、そしてリストカットに追いつめるのは、
    親だ。

    しつけのつもりでどなったり(恥)、
    バカにしたり、
    罰を与えたり。


    もし子どもがドラッグにはまったら、
    「二度と昼間の世界に戻れない」そうだ(驚)。



    わが子をそんな子どもにしたくないなら、
    わが子を批判する、責める、ほうびで釣るなどをやめること。

    子どもにいい言葉がけをするよりもまずは、
    そういうマイナス行動をやめること、が必要だそうだ。


    でも私だって、
    そんな行動をやめたかった。
    でも、やめられなかった(いい訳だけど)。


    すると、2児のママでもある女性講師が言った。

    「感情はコントロールできません。
    ムカッときたら、その怒りをおさえようとコントロールしなくていいんです。
    だって、できないでしょ?

    だから、どこかに逃げてください。
    私はトイレにこもりました。

    子どもが兄弟ケンカしているのに、
    ワアワア泣いているのに、
    ご飯をこぼしてよごしているのに、
    ムカーッという怒りが静まるまで、トイレに毎日こもりました」


    私はね、
    ムカッとする気持ちが起きないように、起きないようにって、
    そればっかり考えていたの。

    でも、ムカーッとしてもいいんだ!
    ってわかったら、
    講師だって誰だってムカッとするんだとわかったら、
    すごく安心したの。

    今の自分でもいいんだって。
    こんな怒りんぼママの私でも、母親として普通なんだって思えたから。



    大事なのは、
    ムカッとした気持ちを子どもにぶつけないこと。

    ムカッとしても、
    トイレにこもって気が治まれば、それでいいのだ(笑)。


    私は現在トイレに「ゲド戦記5」を置いているが、
    トイレにこもったときに早く気分転換ができるように、
    もっといろんな本を置いて置こうと思った(爆)。



    ところで女性講師は、
    トイレにこもらなくてもムカッを子どもにぶつけないまでに、
    4〜5年かかったと言った。

    そうか。
    すぐにできないと自分をいじめちゃう私だけど、
    すぐにできなくても、いいんだ〜。

    またまた、気がラクになった。



    怒ってもいいのだ。
    怒たあと、どう行動するかが大事なのだ。

    セミナーのおかげで、
    もうすぐ10歳になってしまう息子と8歳になってしまう娘を、
    ほんの少しはドラッグとリストカットから遠ざけられたかな。


    タグ:ママ
    posted by 成功 at 03:02 | Comment(0) | 育児

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。