2009年10月02日

心のデックスすると孤独じゃなくなる

「おとこのこは どうして
  かなしそうなかお してるのかな?

    きっと、あそぶものが ないからだね」



ドン・フリーマン著「くれよんのはなし」((ほるぷ出版)





先日、車で栃木から東京に行き、
セミナーを受けた。

『心のデドックス』のやり方を習ってきたのだ。



たとえば私は、他人に傷つけられても、
我慢して言い返さなかったり、

自分の方が悪いんだと思い込もうとする。


そして憎しみや怒りなどの気持ちを、
どんどん自分の中にため込んでいく。


おかげで今では、

おこりっぽくて、
毎日イライラしている自分のできあがりだ(恥)!





ところで講師によると、
嫉妬(しっと)や不満などを抑圧するには、

8割ものエネルギーを使って、
おさえこむという。


残り2割のエネルギーで生活しているのだから、
毎日、生きづらくて苦しいのは、
当然だったのかな。




さて、
しょっちゅう、子どもに八つ当たりして怒っている私は、

東京から栃木に帰る車の中で、
さっそく心のデドックスを始めた。


そうしたらね、
すぐに効果が出たよ!




たとえば、
子どもの友達のママで、
私と視線を合わさないお母さんがいるんだけど、

しゃべりかけても返事をしないその人のことを思うと、
バカにされたとくやしくて、
どうして私は受け入れられないのかと悲しくなる。


そして、
そんな大人気ない態度をとる相手が悪いと思ったり、

自分にも非常識なところがあるのかもと、
自分を責めたり、いじめたりする・・・。



だけどね、
心のデドックスでは、

バカにされてくやしいという気持ちや、
返事もされずに寂しいという思いだけを、
かみしめればいいと教わったの。




悪いのは誰か?
と、

悪者探しをしなくていいんだって!!





私ね、
悪者探しをしないおかげで、
すごーく楽になったの!


だって、
小学生のときから大学受験を目指して、

勉強勉強でがんばってきた私は、
テストでまちがえたら、


どこをどのようにまちがえたのか、

を見つけて、
正しいやり方で、もう一度、答えを出す練習をず〜〜〜っとしてきたから。




だから自分が他人に傷つけられたとき、

相手がどのように悪いのか?
自分のどこが悪いのか?

と探すのが、クセになっていた。



でも、他人を責めるのはいやだったので、
私はいつも自分を悪者にして、

相手が悪いときでも黙って、
ひたすらガマンしてきた。


そうして自分にも非があると、
謙虚に自分を責めて責めて、自分で自分を苦しめてきた。




だけど、
もう、そんなこと、

しなくていいんだって・・・。


自分を責めなくていいし、
相手も責めなくていいんだって。



なぜなら、
過去にためこんできた怒りや不満が引き金になって、

もう一度、
いやだと感じることが起きただけだから。




だから、
その怒りや悲しみを味わうだけでいいという。


ああ、自分はこんな気持ちを感じていたんだと、
自分の感情を理解するだけで、
いいという。


誰も責めずに、
自分の怒りがおさまるまで、

ひとりきりになって、
何時間でもその気持ちを感じていればいい、という。




私は、

相手のママが非常識だとか、
自分にも反省点があるなどという考えが浮かぶたびに、
それはわきに置いておいて、

ただひたすら、
くやしい、悲しい、さみしい

という気持ちを、自分で自分で理解しようとして、
長い時間をさいた。




そうしたらね、
私、

初めて孤独じゃなくなった気がしたの。





今まで、ずっと孤独だったんだ、私。

誰といても、
さみしかった。



そして、いつも自分の中身がからっぽな気がして、

透明人間のように、
誰からも認められない人間だと、
自分のことを思っていた。




だけど、そう感じるのは当たり前だった。



だって、自分が傷つけられて悲しかった気持ちもくやしさも、
全部、
自分の心の押入れに押し込んできたから。


気がついたら、
心のリビングのテーブルも、読みかけの雑誌も、
コーヒーもクッキーも、

全部、心の押入れに入れてしまい、
私は何も持っていない、何も感じない人間になっていた。



だから、
心のリビングがガラ〜ンとして、
孤独だったの・・・。





自分の気持ちを抑圧してきた人にしか、
わからないかもしれないけど、

やっと私は、
自分で自分を孤独にしていた、

ということを体感できたの。






心のデドックスをすると、
まわりが変わり、
順調になっていくという。

私はセミナーに行った日から、
副業の売り上げが上がった。


だから、
心のデドックスがうまくいっているんだな、
と理解している。



そして、
子どもに怒るときも、長引かなくなった。


本来の自分、透明人間じゃない自分に、
かえれそうな気がしている。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



今日は朝から大雨の中、
子どもの運動会でした・・・。


といっても、
運動会の始まる9時すぎに、

順延

と、やっと決定したの。



雨の中、
お弁当を入れたバッグをビニール袋にくるんで、
小学校に向かうときに、

知り合いから順延を聞かされ、
自宅にお弁当を持ち帰りました。







さて今日の本は、
ドン・フリーマン著「くれよんのはなし」(ほるぷ出版)です。
http://tinyurl.com/yckw3xs


我が家には数百冊の絵本がありますが、
寝る前に子どもたちに絵本を読んであげる習慣も、

フルタイムで働くようになってからは、
なくなってしまいました・・。


でも時々、
ほこりのかぶった絵本をひろげてみるのです・・・。


そうして子どもが宿題をしていたり、
マンガを読んでいたりして、

関心なさそうでも、
自分の読めるときに、思いついたときに、
声を出して絵本を読みます。



かなしそうな顔をしていた男の子が、
笑顔になったとき、

自分もホ〜ッとした、
ハラハラドキドキ絵本でした。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者 ひまわりちほりん
■連絡先 このメルマガに返信すると、ちほりん宛に届きます!
■メルマガの登録・解除   http://www.kokorogawakuwaku.com/merumaga.html
■アマゾン・マーケットプレイス「ほんわか書房」で、中古本出品中!
 複数の本をお買いになりたいときは、送料値引きできます!!
     http://www.kokorogawakuwaku.com/honwaka.html

■「ETC購入体験」http://etc.kokorogawakuwaku.com/

■Copyright(C)2009 ちほりん   許可なく引用、転載することを固く禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




  • 光インターネット解約体験

  • ETC購入体験

  • 光ブロードバンド工事体験

  • posted by 成功 at 17:12 | Comment(4) | 自分で自分を認めよう

    2009年06月21日

    サッカーでほめる!

    欠点ばかりを指摘する人とは
    強い関係をつくることができません。


    良い関係をつくりたければ、
    欠点ではなく

    相手の良い点を指摘することが必要になります。



    中山和義著「人生が変わる感謝のメッセージ」(大和書房)





    娘がサッカーをしているが、

    先日、
    人数の少ないチームの助っ人として、
    他チームのメンバーとして大会に出場した。



    そのチームは、
    娘が所属しているサッカーチームが、
    以前いろいろとお世話になったことのあるAチームだ。

    たとえば、
    うちのチームのコーチがケガや病気で練習ができなかったとき、
    合同練習に誘ってくれたりしたのだ。




    今回は小学3年生以下の大会で、
    そのAチームの人数があと一人たりないため、

    4年生の女子なら、
    3年生大会にも出場できるということで、
    娘が呼ばれたのだった。



    というのも、
    うちのチームは3年生がいないため、
    また2年生はさらに他のBチームの助っ人に参加するため、

    4年生の娘が呼ばれたのだった。






    しかし、
    一人たりないという事情が説明されないまま、

    Aチームのコーチとうちの監督から、
    大会に出るようにと言われたのだった。




    そして大会前に、
    一緒に一度練習しようということで、
    急にAチームのナイター練習に呼ばれた。

    しかし、
    Aチームのコーチは子どもたちの指導にいそがしかった。


    呼ばれたから来たのに、
    詳しい説明もなく、私は不満だった。




    それで私は、
    Aチームのまとめ役のお母さんに、

    自分たち母子は、
    わからないまま呼ばれたから来たけれど、
    Aチームの事情は説明されていないのだと正直に話してみた。



    するとそのお母さんは、

    7人制の試合だが、
    Aチームの3年生以下の子どもが6人しかいないので、

    大会に出られないから、
    うちの娘を呼んだのだと教えてくれた。



    さらに、

    「娘さんが来てくれたおかげで、
    大会に参加できるんです。

    ありがとうございます」

    と頭を下げられた。




    私はびっくりした。


    3年生からサッカーを始めたばかりの娘は、
    闘争心があるわけでもなく、

    したがってAチームに貢献できるはずもない。



    それでも人数あわせの一員ということで、
    Aチームが大会に出るためのお役に立てたことを、

    Aチームの保護者が理解し感謝してくれていることは、
    私はうれしかった。



    だって私だって、娘だって、
    Aチームのナイター練習に参加することひとつでも、
    大変だったから。





    夕方5時半に私は勤務終了予定だが、
    老人福祉施設での介護の反省会は、
    時間ちょうどには終わらない。

    そしていそいで自宅に帰って、
    6時。


    もやしと塩焼きそばを炒めて、
    子どもと一緒にあわただしく口に焼きそばを押し込んで、

    娘は食べながらサッカーの練習着に着がえて、
    6時25分に家を出る。


    そして6時半からのナイター練習に少し遅れて、
    Aチームの練習会場に到着したのだったから。







    さて大会は、
    当初は日曜日を予定していたが、
    土曜日に変更になっていた。


    土曜日が仕事の私は、
    普段は8時に自宅を出て職場に向かうが、

    その日は朝7時20分に家を出て、
    娘をサッカー大会の会場に送り、
    Aチームのコーチに娘を託した。



    そして
    暑い1日が終わり、
    夕方6時に帰宅してから、

    私はAチームのコーチとまとめ役のお母さんに、
    娘を1日預かっていただいたお礼のメールを送った。




    すると、
    ふたりからこんな返事が来た。


    「朝早くから5試合、
    娘さんはとてもがんばっていました」



    「参加していただき、
    ありがとうございました。

    試合中に娘さんがへこたれそうになっても、
    ベンチから声をかけて激励すると、

    生き返ったように、
    またボールを追いかけていました」



    「お母さんが仕事で来られないことをわかっていて、
    困らせるようなことはありませんでした。

    不自由はないかと心配しましたが、
    明るく過ごしていました」






    こんなに、
    他のチームである娘をていねいに見守っていてくれたのかと思うと、
    頭が下がる思いだった。




    私は去年、
    サッカー部父母の会の会長をしたけれど、

    会長の仕事を一生懸命こなしただけだったのかな。


    他の子どもを見守ってはいても、
    それをママたちに伝えることをあまりしなかった。




    子どもたちがどんなにがんばっているか、

    それを看護婦や美容師、教師やパート、地域の役員などの仕事で、
    試合や練習に来られなかったママたちに、

    もっと教えてあげればよかった。






    そして娘だって、

    私がいなくても、
    他チームの中でがんばったのだ。



    私がその日一日、
    ヘルパーの仕事を一生懸命がんばったように、

    娘だって、
    サッカー部をやめて家でるす番していた息子だって、

    がんばって一日を過ごしていたのだ。




    自分も子どもも、
    Aチームからほめてもらったように、

    認めてほめてあげていいんだよね。



    たとえ全試合に負けて、
    大会の順位はびりだったとしても。



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =



    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!






       〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜



    英語の勉強方法は、
    文法や発音も大切なのですが、
    それよりももっと前に“重要”なのが、

    「潜在意識」に英語を好きになってもらう事

    が、一番大切なのです。



    どんなに親がピアノを無理やり覚えさせても、
    本人が嫌いなら上達しませんよね。




    英語を最短で覚える
    「赤ちゃんの×23倍の法則」

    も、無料で公開しています♪




    「赤ちゃんの英語」
    http://tinyurl.com/m9seml









    さて今日の本は、
    中山和義著「人生が変わる感謝のメッセージ」(大和書房)です。
    http://tinyurl.com/6h9t5v



    自分の気持ちを相手にどう伝えるか。

    というか、
    自分の気持ちを相手に理解してもらうって、
    なかなかできない。


    相手には相手の状況があるし、
    自分も理解してもらえるように話をしないと、
    伝わらないし・・・。



    そんな悩みを、
    感謝のメッセージとともに、
    自分も相手もハッピーになる話し方が、

    この本には載っています。






    さて、前回の好評おすすめ情報は・・・




    コーチングプログラムの中で、
    VIPのクライアントに向けて語った、
    「15ステップコピーライティング」です。


    無料DVD(3枚セット)はこちら
    http://tinyurl.com/nlfgy6




    ■「笑顔だけの子育て!ほったらかしでも勝手に才能開花する!
    自動化育児で悩みが一瞬で消える!

    「コドモ塾育自メール通信講座」
    http://ad.codomoweb.com/





  • 光インターネット解約体験

  • ETC購入体験

  • 光ブロードバンド工事体験

  • posted by 成功 at 11:52 | Comment(2) | 自分で自分を認めよう

    2009年02月26日

    6年生を送る会のがんばり

    あなたの周囲の人々は、
    みんないい人ですか?

    もしいい人ばかりだとしたら、
    それはあなたがいい人だからです。



    舛岡はなゑ著「ハッピーラッキー魔法のメイク」(マキノ出版)





    週末に、
    娘の入っているサッカー部で「6年生を送る会」を開いた。



    もうすぐ小学校を卒業する6年生は、
    4月からは黒い学生服に身を包んで、

    もう、
    息子や娘とは違う学校に通うようになる。


    今まで何年か一緒に過ごしてきたのに、
    こうしてお別れの日が来ると、

    成長を喜ぶ気持ちとともに、
    残される責任の重さと寂しさに落ち込みそうにもなる。




    さて「6年生を送る会」は、
    5年生ママが中心になって例年開いているということで、

    サッカー部父母の会の会長の私の家に、
    5年生ママたちに集まってもらったり、

    何度も電話やメールでやり取りして準備した。



    あるママが、
    当日お借りする公民館のホールに飾り付けをしようと言い出した。

    でも、
    去年の「6年生を送る会」では、
    部屋の飾りつけなどなかったので、

    面倒くさがり屋の私は、
    そこまでしなくてもいいんじゃないの?
    と心の中では思っていた。


    折り紙で輪を作ってつなげたり、
    ちり紙でお花を作ったりなど、

    お金ももらえないのに、
    大変な会長職以外にさらにサッカー部に時間を費やしたくなくて、

    私は飾り付けの準備はしないで、
    他のママたちにお任せした。




    それよりも私は、
    子どもが以前入っていたサッカー部での「6年生を送る会」のよさが忘れられず、

    今のサッカー部でもそのときと同じように、

    6年生の子どもたち一人ひとりに、
    その子の思い出話を送ってあげたかった。



    今のサッカー部ではそれは新しい試みだったが、
    5年生ママたちが賛同してくれた。

    それで、
    5年生ママたちで6年生一人ひとりの思い出話を出し合い、
    その子のよさを、
    「6年生を送る会」でアピールしてから記念品を渡すことにした。



    その日からは、
    私が短いスピーチをする6年生の子どもの思い出話を、
    他のサッカー部ママたちに聞いて、

    どんなふうに話をするか頭を悩ませたり、


    また自分が当日、司会をするので、
    話の流れを考えるだけで、頭がいっぱいになった。




    さて、
    「6年生を送る会」の日。


    午前中に、
    6年生が下級生や父母を相手にサッカーを楽しんでいる間、

    私や5年生ママたちは先に公民館に行き、
    机やテーブルを並べ始めた。


    時間があまりなかったので、
    部屋の飾りつけは他のママに任せて、

    私は一人のママと一緒に、
    予約してあるお弁当やジュース、ケーキなどを買いに行った。



    買い物から帰って、
    公民館のホールに入ろうとしたら・・・。


    入り口に折り紙の輪飾りが、
    ドアの上から半円を描いて私を迎えてくれた。


    「うわ〜」と思いながらホールに入ると、
    6年生の座るテーブルにもティッシュの花や輪飾り、

    そして天井から、
    まるでシャンデリアのように長い輪飾りがたれさがっていた。



    美しかった!

    華やかだった!




    子どもが使う折り紙で、
    殺風景な公民館のホールが、

    こんなにはなやぐなんて!


    折り紙をつなげただけの安物の飾りが、
    こんなに人の心を打つなんて!



    飾り付けをお任せしてヨカッタ!

    と、
    自分が飾り付けに関しては何も手伝わなかったことを、
    ちょっと後ろめたく思いながらも、


    他の人のアイディアをつぶさなくてヨカッタ!

    と、
    その飾り付けのセンスのよさに感心したのだった。




    そうして始まった会は、
    司会の私だけでなく、
    他の5年生ママも子どもたちに声をかけて会を盛り上げてくれた。

    それでも、
    司会をする私はとても緊張して、
    お弁当がのどを通らなかった。


    会が終わったら、
    みんながお菓子を食べながらおしゃべりする間に、
    私はお弁当を食べようと思っていたけれど、

    自分のがんばりに自分で酔ってしまって(苦笑)、

    結局お弁当はきれいなまま、
    留守番している息子に持ち帰ったのだった。




    6年間の「6年生を送る会」の中で、
    今回が一番よかったよと言ってくれた6年生ママがいて、

    私はそうだろう、そうだろうと自画自賛した。


    でも、
    私のがんばりだけでなく、

    他のママたちのアイディア、がんばり、協力も、
    私はうれしかった。



    自分もがんばったからこそ、

    みんなのがんばり、協力も素直に受け入れることができたから。



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =



    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!






         〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜



    ストレスというのは、
    あなたが普段、何気なく行なってしまう悪い思考の癖が原因なのです。

    少し厳しい言い方をしますと、
    その考え方を変えなければ、
    一生、理想の人生を手にすることはできません。


    というのは、
    日本美容統合医療協会の北川武さんです。



    1日わずか15分のセルフコントロールで、
    あなたをほとんどのストレスから開放し、
    あなたの人生を激変させる可能性が極端に高まる、
    "あるレッスン"の紹介を行なっています。



    「楽な生き方「メンタルレッスン」健康と幸運の心理学 
    〜閉ざされた心の開放〜 ストレス解消法【DVD】」

    http://tinyurl.com/c5nefn









    さて今日の本は、
    舛岡はなゑ著「ハッピーラッキー魔法のメイク」(マキノ出版)です。
    http://tinyurl.com/b7j5b7


    先週だったか、
    このメルマガを読んだ方から、
    斉藤一人さんについての話を聞きました。

    それで久しぶりに、
    日本一のお金持ちと言われている斉藤一人さんについて、
    勉強しようかなと思っていました。


    すると、
    何年も音沙汰がなかったある会社から、

    斉藤一人さんについてのニュースが送られてきたのです。


    びっくりしました!


    それで私はさっそく、
    斉藤一人さんのお弟子さんの一人の舛岡はなゑさんの本を買ったのです。



    ちょうど化粧品のオイルがなくなったの、
    オリーブオイル エクストラバージンをスーパーで買ってきて、
    顔にぬっています(笑)。

    ツヤを出すため、
    顔にツヤを出して、お金持ちになるためです!!



    舛岡はなゑさんのドレス姿写真も、
    とてもかわいらしくて、
    参考になりました。







    さて、先週の好評おすすめ情報は・・・



    脳卒中、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害等で倒れ、
    手術後、後遺症である麻痺でお悩みの方に対して、
    麻痺を改善する方法を伝授しています。


    「麻痺に負けるな!
    右下半身麻痺が驚く程回復した奇跡の回復法!!」
    http://tinyurl.com/crxf8u





    ■「笑顔だけの子育て!ほったらかしでも勝手に才能開花する!
    自動化育児で悩みが一瞬で消える!

    「コドモ塾育自メール通信講座」
    http://ad.codomoweb.com/







  • 光インターネット解約体験

  • ETC購入体験

  • 光ブロードバンド工事体験

  • posted by 成功 at 23:06 | Comment(0) | 自分で自分を認めよう

    2009年01月05日

    予想通りにいかなくてもすごい人生!

    けれど、
    「なんとかしよう」と前向きに考え、
    自分を大切にすると人生のすべてはうまくいきはじめます。

    心から幸せを念じ、
    自分を信じることも大切さはここにあります。



    白河伊都子著「スピリチュアルプレゼント」(ぜんにち出版)





    年末年始は、一人暮らしだった(笑)。



    もともとは、
    31日、元旦と介護職でお休みをもらっていた。


    でも1月に会社を9日間も休んで、
    ヘルパー2級の資格講座に参加するため、

    お給料がその分減るので、
    年末年始も仕事をすることにしたのだった。


    それで子どもたちは実家の千葉に、
    弟に車で連れて行ってもらった。




    さて、年末は2晩だけ、
    介護職の仕事が終わった夜、
    塾の個別指導で中学3年の数学を教えた。

    高校受験を控えた子どもたちに教えるので、
    私も数学を必死に勉強しなおして、一生懸命教えた。


    ところが塾のアルバイトが終わったら、
    昼間は介護職の仕事があっても、
    夜、ヒマだなあと思い始めた。



    せっかく両親と弟に、
    自分が仕事するからと子どもを預かってもらっているので、

    子どもが実家にいる間は夜も働いて、
    少しでも稼ごうと思ったのだ。


    年末年始の子どもがいない1周間だけ、
    夜7〜11時ぐらいまで働こうと考え、

    近所のステーキハウスやアイスクリーム店に電話した。



    だけど、
    バイト探しを始めたのが12月28日からだったので、
    遅すぎた。


    残念。

    どこも雇ってもらえなかった。




    だけどね、
    30日にちょうど、
    ヘルパー2級の資格講座のテキストが届いたの。

    1月の実技スクーリングの前に、
    レポート提出の通信教育(自宅学習)があった。


    実技スクーリングは1月16日開始だから、
    それまでに学科レポートと記述式課題(論文)をそれぞれ4回分、
    送付しなければならなかった。



    ああ、
    夜のアルバイトが見つからなくて、
    ちょうどよかった。

    子どもがいない間に、
    学科の宿題を仕上げてしまおう!





    ところで私は、
    資格取得の勉強が嫌いだった。

    大学でも、
    教職はとらなかったほど。


    小学生から受験勉強をしてきたので、
    好きでもないことを、
    未来のために勉強するのに嫌気がさしていたからだ。


    また去年は、
    母子家庭でヘルパー2級の資格を無料で取得するための試験があると聞いたけれど、

    競争率が高いし、
    自分が訪問介護をして、
    苦手な食事作りをするなんてやりたくなかったので、

    ヘルパーなんて自分には無関係のことと思っていた。




    それがリストラされて、
    新しい仕事探しをする中で、

    希望していたマスコミ関係や相談業務などで採用されず、

    半分やけくそで、
    資格なしでも採用してくれた今のデイサービスで働くことにしたのだった。


    しかもこの会社は、
    資格取得費用を半額、会社が負担してくれるというので、

    気に入らない点もあったのだが、
    選んだようなものだった。



    正直、
    資格さえとっておけば、
    もっといい条件の職場に転職もできる、という考えもあるのだった。




    そんな流れで取得することにしたヘルパー2級講座だが、

    ちょうど塾の個別指導のために、
    中3の数学を教える前日に渡されたテキストを10時間もかけて、
    自分も問題を解いてみた。


    明け方4時半頃まで、
    関数や三平方の定理、相似な図形の証明問題などを解いて、

    自分の頭に答えをインプットしてから、
    生徒に向かい合った。



    だから、
    夜、勉強するということに体が慣れていた。

    ヘルパー2級の通信教育のテキストは、
    330ページもある分厚いテキスト3冊と、
    薄いテキスト2冊。


    これらを読んで理解して、
    マークシートの問題と論文を書くのだったが、

    塾のバイトのために、
    本を読んで学ぶ、ということをしていたので、
    通信教育もなんとかすんなり学び始めることができた。


    子どもがいない5晩の間に、
    毎晩1時ごろまで居眠りしながら勉強をして、

    8本の課題を仕上げたのだった。





    なんだかんだといって、
    いい具合に流れているなあと思う。


    予想通りにいったことも、
    いかなかったことも、

    すべてがつながって、
    今の私を作ってくれている。


    それも、
    昨日よりもステキな自分をつくってくれている。



    なんとかしようと、
    ジタバタ、ドタバタがんばることも、

    おもしろいものだね。



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =



    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



    今日は、
    今年初めてのサッカー部の練習の日でした。


    蹴(け)り初(ぞ)めの行事で、
    サッカーコートの中心やゴールなどに塩を盛り、

    監督、父母の会会長の私、6〜5年の子が日本酒をかけて、
    お清めをしました。


    今年も楽しくサッカーができるように、
    ケガがないようにお祈りしました。



    また、
    6年生が卒業したあとの次年度につなげるため、

    年末からすでに多くのママに電話したり、
    パパたちのも協力をお願いしたりで、

    なんとか次年度も、
    弱小サッカー部ながらやっていけそうなめどがつき、
    今日はホッとした次第でした。



    子どもは実家にいるけれど、
    会長だからと一人で蹴り初めに参加しましたが、

    夕方、
    1週間ぶりに帰宅した息子と娘に会えました。


    さっそく息子には「クソババア」呼ばわりされましたが、
    家族そろうとにぎやかで、そしてめんどうくさいものですね。

    でも、
    うれしい再会でした。







         〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜



    太くてキライだった足が、
    1週間でこんなに細くなって、
    血行がよくなるので色も変わるの??

    太もも、ふくらはぎ、足首が、
    どんどんやせていくなんて!!



    脚が冷たくて眠れない!そんなあなたを一発で救い、
    胃腸の働きまで整えてくれる秘密の飲み物とは?


    立ち仕事で身体を温めることができないあなたが、
    いつどんなときでも簡単にできる冷え対策とは?


    脚痩せの肝であるリンパ。
    これを知らなきゃ脚痩せはできません。


    むくみを一発解消!その秘密の方法とは?


    などなど、
    女性としてキレイになって、

    自分に自信をもてるようなッちゃうなんて!!



    「えっ!?
    7日間でモデル脚GET?

    今までなかった完全プログラム形式でスラリ愛され美脚があなたのものに!」
    http://tinyurl.com/73y7wu








    さて今日の本は、
    白河伊都子著「スピリチュアルプレゼント」(ぜんにち出版)です。
    http://tinyurl.com/8kqc2c


    思わずすべてのことに、
    感謝の気持ちが沸き起こる本です。


    また神社の詣で方が、書いてありました。

    今日の蹴り初めのときのお祈りでは、
    小学校校庭のグランドの神様に、
    このお祈りのやり方でお願いしてみました。


    願いが叶うといいなあ。








    さて、先週の好評おすすめ情報は・・・



    『その離婚、異議あり!! 
    結婚恋愛コンサルタントが教える夫婦円満必勝術!!

    「おまえとは別れる!」が「いつもありがとう」
    にかわる夫婦・カップルの為の14の魔法』

    http://tinyurl.com/9eluac



    ■「笑顔だけの子育て!ほったらかしでも勝手に才能開花する!
    自動化育児で悩みが一瞬で消える!

    「コドモ塾育自メール通信講座」
    http://ad.codomoweb.com/






  • 光インターネット解約体験


  • ETC購入体験

  • 光ブロードバンド工事体験

  • posted by 成功 at 21:28 | Comment(1) | 自分で自分を認めよう

    2008年08月30日

    ゴディバはおいしいか?

    「(前略)
    彼は真の自己に目覚めて、
    トコトン自分らしくあり続けることに喜びと確信を見出したんだよ。
    (後略)」



    リチャード・H・モリタ著「自分らしい成功をつかむ2日間のレッスン」
    (イーハトーヴフロンティア)





    子どもたちが実家にいる間、
    私は会社が終わると、
    アウトレットに行ってはブランド店めぐりをした。


    その中に、
    チョコレートで有名な「ゴディバ」があり、
    チョコレートドリンク「ショコリキサー」がおいしいという噂を聞いていた。

    スイーツが大好きな私は、
    夕食の代わりに、
    630円もする「ミルク・チョコレート・デカダンス」味を頼んだ。



    さっそくテラスに座って期待して飲んでみると、
    私にとっては、

    「え〜、これで630円?」

    という味だった。


    半額でも十分だと思いながら、
    プンプンして残りを飲んだのだった(苦笑)。



    翌日、
    同僚にあまりおいしくなかったと言うと、

    「え〜、私はおいしかったですよ〜。
    子どもたちもおいしい!って言ってたし〜」

    と言われてしまった。


    以前の私だったら、
    おいしいという同僚に合わせて、

    「え〜、そうお〜。
    私って、味の違いが分からないのかな」

    なんて答えたと思う。


    でもね最近、

    一人ひとりみんな感じること、言うことが違っていい

    とやっと思えるようになったの。


    だから、
    おいしいと主張する同僚におもねることなく、
    自分はおいしいと思えなかったと主張を曲げなかった。



    そして同僚のおいしいという気持ちに興味を持って、

    「ゴディバのチョコって、
    1粒300円もする価値があると思う?」
    とたずねてみた。

    すると、
    「16粒で5、000円するのがあるんですけど、
    それは誰でもおいしいと言いますよ。
    うちの子どもでも、おいしいって言いますから」
    と言われた。


    へ〜、
    チョコレートに5,000円も払うのかと驚きながら、
    自分は、
    630円の価値がないと思ったと貫き通したことに満足していた。




    今までは自分が感じた気持ちさえも、
    他人に合わせるのが、
    人間関係を円滑にするコツだと思っていた。

    でも会社でもどこでもみんな、
    他人と意見が違っても、
    自分の感じたことを堂々としゃべっている。


    しかも他人と意見や気持ちが違う方が、
    話が広がって、話題が盛り上がったりする。


    そういうのを見てきて、
    私も自分の感じたままに話そう、
    そっちの方がおもしろがられるし、と思ったのだ。



    言いたいことを言って他人と意見が違って、
    変人と思われても、
    それはそれでまた楽し。

    変人と思われることをこわがるより、
    自分の気持ちを正直にさらけ出す方が、
    メンタル的にも健康だと思う。


    おバカタレントとして愛される人もいるんだから、
    自分の意見を主張できる人=嫌われる、わけではないものネ。




     = = = = = = = = = = = = = = = = = =



    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



    子どもが実家にお泊りして自宅にひとりでいた間毎晩、
    夜更かししすぎて、
    ついにそのツケがまわってきました!


    月曜日から2日間、
    頭痛と吐き気で起き上がれず(苦しかった〜)、
    食べられず。

    水曜日に点滴を受けても、吐きそうになり。


    熱があって休みたかったけど、
    木曜日はさすがに薬を飲みながら会社に行きました。



    派遣社員だから、
    働かないと、お給料もらえないしね(涙)。






       〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜



    自分に嘘をついて相手に合わせ、
    笑いたくもないのに愛想笑いをして、

    そんな自分が嫌いで、また別の要素で傷ついて。



    そんな普通の主婦だった二宮紫さんは、
    今ではストレスゼロ! になったそうです。

    ちょっとインパクト、ありすぎるかも・・・(苦笑)。




    「人間関係ストレス撲滅計画 【メガ動2】」
    http://tinyurl.com/6pseen








    さて今日の本は、
    リチャード・H・モリタ著「自分らしい成功をつかむ2日間のレッスン」
    (イーハトーヴフロンティア)です。
    http://tinyurl.com/5gu2af


    うまくいかない人生を歩んでいる人は、
    失敗ばかりを記憶する能力にたけているそうです。

    うまくいったこと、
    楽しかったこともあったんだと思い出して、
    自分の失敗だらけと思い込んでいる人生を、
    作り変えることが必要だそうです。


    2回読みました。








    さて、先週の好評おすすめ情報は・・・



    「ブログアフィリエイトで稼ぐ習慣が身につく秘密・アフィリエイター物語・
    はじめの一歩〜サト愛」
    http://tinyurl.com/5ljukn




    ■「笑顔だけの子育て!ほったらかしでも勝手に才能開花する!
    自動化育児で悩みが一瞬で消える!

    「コドモ塾育自メール通信講座」
    http://ad.codomoweb.com/


    私も受講しています♪

    コード【HCS108】で、受講料が20%安くなります♪





  • 適応指導教室の指導員

  • 起立性発達障害で中学不登校

  • 健康保険料

  • posted by 成功 at 22:45 | Comment(0) | 自分で自分を認めよう

    2007年10月07日

    リッツカールトンホテルとホスピタリティー

    子どもたちがパパ宅に2泊したので、
    日曜日は、
    朝5時前に家を出て、夜10時半に帰宅した(笑)。

    東京に出て友人に会う用事があり、
    行ってみたかったレストランに昼、夜と予約したのだった。



    本当は泊まりたかったザ・リッツカールトンホテル東京のレストランで、
    まずはフルコース。

    六本木のビル45階から、すぐそばに東京タワーが見えて、
    六本木って東京湾に近いんだ〜と感心(爆)。


    そして、
    ウエイターさんたちに質問しまくった(笑)。

    どういう人がこのホテルでは採用されるのか?と。

    というのも、
    このホテルはホスピタリティー(おもてなしの心)がすごいと聞いていたからだ。



    「技術や経験よりも、心構えですね」
    「心です」

    「心って、どういうことですか?」
    とまた質問すると、
    「お客さまに対しても、スタッフに対しても・・・」
    という答え。


    なるほど!
    私や両親は外面はいいけれど、
    家族に対しては厳しく、あたたかみが少ない(恥)。

    でもそうじゃなくて、
    他人にも家族にも、そして自分にもやさしい平和な心をもつ人でないと、
    やさしさが続く関係(仕事でもプライベートでも)は作れないのだろうな。



    それから東京ミッドタウンのショッピング街を歩き回り、
    青山墓地を抜けて表参道まで歩き、
    夜は”愛と感動のレストラン”と呼ばれるところへ。

    歩いてもお腹はいっぱいだったのだが、
    夜しかオープンしていないお店だったので、
    思い切って出かけたのだった。


    お店に入ると、
    すれ違う店員たちがみな「清水様、こんにちは」とあいさつをしてくれた。

    トイレに案内してもらった後は、
    テラス席などまで見せて回ってくれた(驚)。


    さて、店長に、
    「どういう人を採用しているんですか」
    とたずねてみた。

    すると、
    「第一印象で決めます。
    生まれ持った資質は変わらないからです。

    技術や経験よりも、
    新人の笑顔の方がお客様が喜ぶことがあります。

    モットーは、
    フレッシュ・アンド・フレンドリーです」


    「資質って、つまり、育て方ですか?」
    とわが子たちを思い浮かべながら聞くと、
    「そうです」
    との答え。


    うひゃ〜、まいった。

    わが子たちは私と同じくムスッとしているし(恥)、
    愛想もよくないし・・・。


    人間関係って第一印象で決まる、
    そしてそれがすべてだったんだなあ。



    2ヶ所のレストランを回ってわかったことが、
    ホスピタリティーの高い職場で働く人に必要な要素が、
    人に好かれる雰囲気をもっているということだった。


    素直に他人に笑顔を向けられる人。

    それは、
    自分にも優しい笑顔を向けられる人なんだろうな。



    すでに夏休みが始まり、
    朝晩と1日2回もカブトムシ・ワクガタ採りに山に出かけ、
    子どもと一緒に工作教室に通い、
    ラジオ体操を町内会館前でする日々になった。

    わが子も私自身も、
    ホスピタリティーの高い職場でも働けるような、
    自分を誇りに思える人になりたい。


    この夏休みで、
    自分は何ができるかな。

    歯を食いしばらなくてもできる小さなことから、
    始めたい。


    う〜ん、すぐに思いつかないんだけど、
    できないことばかり思い浮かんじゃうんだけど、
    まずはできること探しから始めようっと(苦笑)。



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =


    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!




       〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜


    ・今の自己啓発ブームの影の立役者
    ・潜在意識開発・教育のパイオニア
    ・不思議な世界に詳しい某有名コンサルタントF氏に昔はいろいろ教えていた
    ・水口先生に「魔法の使い方」を教えてもらい、たくさんの人がお金持ちになったり、
    地獄から脱出した

    という逸話の持ち主が、水口清一さんです。


    水口さんは、
    有名な中村天風(てんぷう)の天風会にも入会していた人で、
    潜在能力や人間の未知なる能力を開発するための、
    ユニークな研修、セミナー、講演活動も行っています。

    本も出版しています。


    水口さんは、90日での人生設計を作る勉強と作業で、
    夢をかなえ成功する人生をつくれるといっています。

    それは、
    あなたが人生を変えると「決める」ことから始まるといいます。


    その通りですね。
    あなたがやると、あなたが決めて、
    あなたが行動するしかないんですよね。
    (タナボタなんて、めったにきませんから(苦笑))


    90日でゼロから富をもたらす魔法の秘伝
    http://tinyurl.com/39b6m7

    posted by 成功 at 10:05 | Comment(0) | 自分で自分を認めよう

    2007年09月23日

    たくさん稼いでもいい自分

    なぜ自分は成功しなければならないのか。
    自分にとって成功とは何を意味するのか。


    青木仁志著「起業家のための社長学」(アチーブメント出版)




    大学を出て社会人になったとき、
    毎月ミュージカルや演劇を観に行くと決めた。

    そのときクラシックバレエを観て、
    その優雅さと潔癖なまでの美しさに魅了された。


    やってみたいなあ・・・、
    あんなふうに美しくなれたら、踊れたら、気持ちいいだろうなあ・・・
    と思って20数年後(爆)。

    娘の友達のママが、
    娘さんを通わせているクラシックバレエ教室で、自分も習い始めたと聞いてビックリ。

    大人になってからでも、できるんだ・・・
    というより、
    大人になってから始める人も本当にいるんだ!
    という驚き(失礼)。

    ちなみに、
    川島なお美も40歳過ぎてからクラシックバレエを初めて、
    今バレエにこっているそうだ。


    さて、友人ママの話は去年の話で、
    1年たってようやく(失笑)、
    クラシックバレエ教室の見学に出かけた私。

    習うお金がないと思っていたけれど、
    見学に行くだけなら無料だ!と気が付いて(爆)、
    重たい腰があがったわけだ。


    1ヶ所目の近所のバレエ教室は、
    劇団○○でも教えていたという先生で(驚)、
    来ていたミセスの生徒さんたちが、
    背中の大きく開いたレオタードに、
    かわいいスカートを巻いて踊っていたのが、とってもおしゃれ。

    練習後は、
    教室内のテーブルでコーヒーが自由に飲めるそうで、
    一緒におしゃべりに参加させてもらった。

    そして、足は細くなるのか?
    などと質問しまくった私(爆)。


    2ヶ所目は、
    生徒さんたちがあまりセクシーではないレオタードに、
    スカートではなくホットパンツをはいている人が多かった。

    教室によって先生の教える内容も違うし、
    生徒さんのタイプやおしゃれ度もこんなに違うんだと驚いた。



    こんなに教室によって違いがあるなら、
    隣りの市の教室も見に行ってみようと思っている。

    だけどすでに、
    1ヶ所目のおしゃれな教室に入りたいと思っている私だが、
    4月末に国民年金を1年分まとめて払ったり、
    子どもたちの学資保険代半年分を払ったりして、
    バレエ教室どころか、ゴールデンウィークの遊び代も乏しい私(恥)。

    教室に入るとなると、
    レオタードやバレエシューズも買わないとならない・・。



    ところで2月からね、
    ネット無料塾に入って、毎日毎日ブログを書いて、
    ネット収入が上がるようにがんばっている私。

    少しずつ成果が出てきて、
    やり続ければ結果って本当に出るんだ・・・と思い始めている。

    まだまだ、
    ある1つの方法で1ヶ月10万という目標は達していないが、
    できなくもないと思えるようになってきた。


    ところで自分が10万円稼いでもいい人だと、
    自分で自分を認められると、10万円入ってくると聞いた。

    最初にそれを知ったとき、
    自分に10万円の価値があるとは思えなかった。

    しかし、毎月の生活費は10万円じゃとてもたりない。

    10万円の価値があると思えない自分が、
    10万円以上、毎月使っているこの矛盾。


    ところで私は鼻の穴が大きいのだが(恥)、
    鼻の穴が大きい人は収入がたくさん入ってくるが、
    出る分も大きいと聞いたことがある。


    私はお金を使うのが大好きなので、
    いっぱい稼いで、いっぱい使えば、
    お金が流れて他の人も豊かにすることにつながるんだよね。

    いっぱいお金を使って楽しんで、
    自分が幸せになれば、
    自分の子どもや両親、近所の人、子どもの友達のママたちにも、
    幸せが伝わっていくんだよなあ。

    だから私は、10万円稼いでもいいんだよなあ・・・。



    今日もこれから、
    幸せになるために、
    クラシックバレエ教室に通うために、
    ネットで書いて書いて、収入をあげていこう。

    私が幸せになって、その幸せがまわりにも伝わるように・・・。



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =


    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!




       〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜

    幸せなお金持ちになる風水研究会の高木秀之さんの
    「DVD教材 億万長者!になる風水」です。

    風水・・・?
    西に黄色いものを飾ると、金運がアップするという・・・(笑)?

    うさんくさそうだ、とも思いましたが(笑)、
    高木秀之さんが、
    住宅販売会社エルハウスなどの経営者で、大金持ちの平(ひら)秀信さんと対談をし、
    平さんを師匠としていると言っていたので、
    それなら信用できる人と思っちゃいました(爆)。


    平秀信さんは、ネット業界でも有名な億万長者で、
    私は平さんのCDも購入しています(笑)。

    高木さんは、
    平成2年より風水をはじめとした開運鑑定していて、
    これまで4000件以上の鑑定をしているそうです。

    テレビや雑誌、新聞の取材もきているそうです。


    さて、
    この高木さんの情報がおすすめなのは、
    ボーナスCDとして5000円で販売されている、
    「億万長者平秀信氏対談CD」がおまけで付いているからです(笑)。

    しかも、
    90日間の無制限メール相談サポートがついているんですが、
    このノウハウを90日間実践しても運が良くなった、
    改善されたと感じられなかった方は
    参加費用すべてを返してくれるそうです!

    しかも、教材は返品しなくてもいいそうです!
    努力してくださったあなたに差し上げます、とのことでした。


    読むだけではなく、DVDだからこそ、
    難しい占いは理解しやすいと思います。


    DVD教材 億万長者!になる風水「Millionaire Feng Shui Secrets」 
    http://tinyurl.com/36txx6






    さて、今日の本は、
    青木仁志著「起業家のための社長学」(アチーブメント出版)です。
    http://tinyurl.com/22d9zw

    人材教育コンサルティング会社を経営している青木社長の本です。
    選択理論心理学を提唱しているセミナーは、
    とても多くの人の人生を変えています。

    私の近所の成功している女性経営者たちも、
    アチーブメントのセミナーを受けた人が多いです。


    ところで、メルマガで宣言しちゃいます。

    私は自分が幸せになって、
    まわりの人をもシアワセにするために、成功してお金持ちになります!

    (がんばるぞー!)

    タグ:バレエ
    posted by 成功 at 05:37 | Comment(0) | 自分で自分を認めよう

    2007年09月20日

    変わる、変われる

    小学4年生の息子が、
    「ショウガク保険をみんな出しているよ。
    早く出して」
    と昨夜、言い出した。

    提出すべき書類はすでに昨日、息子に持たせていたはずだった。


    「傷害保険のこと?」
    と聞いても、
    「違う!もっと大きい紙で、みんな出してたよ!」
    と泣きそうだ(苦笑)。

    ゴミ箱や机の上も探した息子と、
    いくら問答していてもらちがあかないので、
    小学校に電話して、担任の先生にたずねることにした。


    息子に電話する旨を伝えると、
    「そんなことしたって、変わらないよ!」
    と息子が叫んだ。

    私は、
    「どうして?
    先生に聞くのがいちばんの早道なのに・・・?」
    と思ったけれど、

    それ以上に息子の
    「何をやっても何も変わらない」
    というあきらめの気持ちにとても悲しくなった。



    しかし振り返れば、私自身がいつもあきらめている。

    「どうせ私なんか・・・」
    「いくらやったって、どうせダメだ」
    「いくらやっても、私はダメだ」

    と、しょっちゅう厭世気分になっている(恥)。


    たとえばネット塾に入って1ヵ月半たったが、
    2ヶ月目で、
    一つの方法だけで月約10万円稼ぐ人が複数出ていて、
    びっくり!

    私は同じ方法で、その収入は1万円がやっとだったのに(涙)。


    稼いでいる人の存在を知って、落ち込んだり、
    がんばっても私はダメだとあきらめたり。



    でも、何をやっても何も変わらないのか?



    ネガティブな潜在意識やセルフイメージを変えるには、
    行動することだそうだ。

    感情や気持ちで自分を変えるのではなく、
    行動することで自分を変えるのだそうだ。



    行動しても何も変わっていないように見える。
    なかなか収入も上がらないように、思える。

    でも、
    昨日から今日へと生き延びているではないか?

    わが子も飢えずに、なんとか生きているではないか?


    行動しても、期待以下の小さな変化しかないかもしれない。
    でも、死んではいない。 

    生きているんだから、
    それだけで前進している証拠。

    生き続けてさえいればいいのだ、まずは・・・。



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =



    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!




       〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜


    小坂暁恵さんは、うつだったそうです。

    自分に自信がなく、いつも不安と恐怖心にさいなまれ、
    ほんの些細な事でも悩み、気分はいつも憂鬱、
    そして自分には幸せなどない、そう思い込み、
    人と接するのを避け、学校や会社で孤立することも少なくなかったそうです。


    それでも心理学書を読みあさり、
    でも堂々巡りだった憂うつな毎日が変わったのは、
    ある人に、
    生きてゆく上で、基本となる大切な事を学んだからだったそうです。

    でもそれは、
    日常生活の中で、簡単に試せる事ばかりだったといいます。


    現在、小坂暁恵さんは、
    あたたかい友人に囲まれ、幸せな日々を過ごすことができるようになり、
    うつを再発しない体質になれたそうです!


    プラス思考を保つための、
    ちょっとした習慣とは・・・?



    「〜幸せになるために〜絶対に欠かせない誰も教えてくれない秘密」
    http://tinyurl.com/2yh3pe



    posted by 成功 at 15:29 | Comment(0) | 自分で自分を認めよう

    2007年09月05日

    自己否定をやめよう

    去年の秋冬は、子どもたちの学資保険の年払いや、
    新しく購入したパソコンやプリンター、
    気に入った化粧品やサプリメント、
    サッカー部に入った息子や応援する私と娘の防寒用ベンチコートやネックウォーマー、
    などなどの支払いに追われた。


    秋からは毎日毎日、
    私は稼げるかな、今日は稼げたかなと、
    数字とにらめっこばかりしていた。

    資金不足で大好きな旅行に出かけるどころではなくなり、
    レディースデーだと1000円で鑑賞できる映画も行かなくなってしまった。


    借りている家が古くて寒いので、何枚も重ね着しているが、
    用事で出かけるときもスエットで出かけるようになってしまった。

    おしゃれをする気も起きず、
    遊びたいけどお金がないとあきらめてしまい、
    ただ、毎日パソコンに向かって時間が流れていくだけの日々になってしまった。



    さて、
    デトックス(毒出し)のマッサージの資格を持つ知人のセミナーに出かたところ、
    急に講師紹介を頼まれた!

    ええ〜っ!!と思ったけれど、
    そういう頼まれごとはいつも断らない私。


    人前に立つなんてずいぶん久しぶりだったが、
    つっかえて「デトックス」が言えず、
    恥をかきながらあいさつと講師紹介をした。


    私を知っている人は、
    がんばっていう顔で前に立つ私を見ていてくれたが、
    初対面で私を知らない人は、下を向いていたりつまらなそうに見ていたりだった。

    2分くらいの話を終えて席に戻ると、
    セミナー終了後も感想を述べてあいさつしなければならないので、
    普段はい眠りしてしまう私が、このときはしっかりと話を聞いた(爆)。


    またデトックス・マッサージのやり方を教えてもらい、
    お互いにマッサージをすると、
    相手の顔や足がほっそりと変化したのでびっくり!



    ところで前に立ってあいさつをしたので、
    話を聞くだけだった他の人より私の方が印象が強いだろうと思ったが、
    初対面の人は私が話そうとしても受け付けない感じがあった。

    稼ぐためばかりの毎日で、つまらなそうに生きてきた感じや、
    私が今はお金のことしか頭にないことなど、
    前に立っただけですべて伝わってしまったんだなあと思った。


    もちろん、前に立たなくても伝わったと思うけれど、
    私自身が人の前に立ったことで、
    自分を客観的に見る機会が与えられたのだった。



    そのおかげで、
    稼ぐことは私には必要だし大事なことだけれど、
    私には稼ぐ能力はないかもしれない、
    努力してもむだかもしれないと、
    しょっちゅう自己否定感がわいてくる自分をやめなきゃと思った。

    それで左手に輪ゴムを巻き、
    自己否定感があふれたり、
    子どもたちをどなったりしたら、
    ゴムをパチンと手首に打ちつけることにした。


    だけどもう、何度もパチンパチンなの(恥)。


    痛いから、
    自分に甘い私は強くパッチーンなんてしないけれど、
    自己否定感がわくたび、
    「あ、いけない。ゴム、パッチンしなきゃ」
    と思う。

    でも、ゴムパッチンしなきゃと思うこと自体が大事なことだと思う。


    だって、
    あ〜あ、また自己否定しちゃった・・・と自分を責める代わりに、
    ゴムパッチンさえすればそれで気持ちがリセットされるし、
    また一から出直せばいいだけなのだから!

    自己否定した上に、
    そんな自分を責めて時間をむだにするということがなくなったのがヨカッタヨ。


    自己否定して、ますます貧乏になっても、
    子どもたちに迷惑をかけるだけ!



    最近、子どもたちとが学校に出かけるまでの朝の時間は、
    お話CDをかけて、気持ちに刺激を与えている。

    自己否定感が忍び込まないように、ネ。



    posted by 成功 at 04:44 | Comment(1) | 自分で自分を認めよう

    2007年09月03日

    私はこの世に愛されている

    去年の12月、
    あと27日で新しい年を迎えたとき。



    1年を振り返ると、
    私にとってはさえない年だった。

    なぜなら自営業として、
    もっと稼げるようになっていたかったからだ。


    また今年は、人間関係もつまずきが多かった。

    私はかなり自信をなくし、
    ずいぶんな引っ込み思案になってしまった。



    でもね、
    どんなにつまらない人生だとしても、
    死ぬときに人間は必ず、

    ああ、生まれてきてヨカッタ

    って、思うんだって。


    そうだよね。
    今年1年さえなかったと私は思うけれど、
    それでも生きてきてヨカッタと思う。

    だってがんばってきたもの、私なりに。




    1年がんばったこと。

    息子がもっとアタマがよくなるように、「小学生新聞」をとりはじめた(笑)。
    (夕刊をやめて朝刊だけにし、新聞代を捻出)


    テレビを置いていないし、
    母子の会話がほとんどないので食卓も無言で食べることが多かったが、
    ラジオを流すようにした。

    また子どもの学校生活を質問しても、
    「忘れた」としか答えが返ってこないので(涙)、
    レストランで出たサラダの野菜を一つ一つ「これ、何だ?」とクイズにしたりして、
    いろんな知識を教えることで話題を作った。
    (親子の会話が増えました♪)


    娘がはじめ、1000円のパジャマを選んだが、
    「やっぱりこっちがいい」と持ってきた1500円のパジャマを買ってあげた。

    気に入ったものでないと結局は着ないし、後悔するから、
    多少なら支出が増えても、
    なるべく後悔しないように買い物をした。


    今年は4つの仕事を同時にし、
    それぞれ失敗したり損したりしながらも、
    なんとか稼いで毎日を暮らしてきた。

    私ひとりでは家事が大変なので、
    子どもたちに洗濯物の片付けやお皿を拭いて戸棚にしまうことなど、
    強制的だが手伝わせて、
    母子3人で暮らしをささえてきた。


    古い木造の超寒〜い家なので、
    客用の布団をリビングに敷いて(笑)、
    床暖房の代わりにした(あったか〜いヨ)。


    また子どもたちにいやがられながらも(苦笑)、
    毎日「太陽はすごい」
    「光子(ひかるこ)は天才だ」
    「大好きな太陽」
    「お母さんの宝物の光子」
    などと、おだてている。




    そうだ、
    私も自分をおだてようね。

    自分をほめよう、長所を認めようっていうとかまえちゃうけど、
    最初っから、
    自分をおだてるとわかっていておだてれば、
    豚もその気になって木に登るだろう。


    私は天才だ!私はすごい!
    私は地球の宝物だ!私はこの世界に愛されている!


    お世辞とわかっていても大ボラふいてみると、
    さえなかった1年も輝いてくるね(笑)!


    posted by 成功 at 04:36 | Comment(0) | 自分で自分を認めよう

    2007年08月21日

    自分をほめよう

    私の大好きなビジネスの先輩のパートナー(夫)が、
    「自分は落ちこぼれだった」
    と言っていたのが、ずっと気になっていた。


    先日機会があり、

    「落ちこぼれだったと聞きましたが、
    私も自分に自信がありません。
    どうやって今のように成功したか、教えてください」

    と聞いてみた。



    彼は、学校でも家庭でも落ちこぼれだったと言う。

    赤点とったり、
    会社に入ってもおもしろくなかったりだったそうだ。


    そして彼が、
    「落ちこぼれというのは、否定され続けてきたということでしょ」
    と言ったとき、
    私は思わず目に涙が浮かんだ。


    そうだ!!
    否定されてきたから、
    自分で自分を認めたりほめたりしずらかったのだ。

    他人と比較されて否定されなければ、
    比較して自分を否定しなければ、
    自分で自分を落ちこぼれだなんて思わなくてすんだのだ。


    落ちこぼれとは、単なる優劣ではない。
    他人からの拒否、否定だったのだと、
    私はとても納得したのだった。



    彼は自分で自分を認められなかったから、
    他人からの承認がほしかったそうだ。

    そして一番承認してほしかった人が、妻だったと言う。


    それが能力開発のセミナーを受け始めたら、
    「そんなにあなたが変わったなら、私も受けるわ」
    と妻に言われたそうだ。

    また参加したこと、
    途中で退席せずに、最後まで受け続けたということ自体で自分をほめるほど、
    参加した自分がうれしかったと言った。


    彼は承認されるために、行動を変えたそうだ。
    少しずつ、変えていったそうだ。




    私はお金持ちになりたいが、
    「成功できると思う自分」と
    「成功できるはずないと思う自分」がいる。

    そして失敗したときに言い訳できるように、
    ビジネスをしながらも「成功できるはずないと思う自分」を選び、
    どうせできないよ、
    いくらやったってできないよと思いながら行動している(恥)。



    でも、
    「成功できると思う自分」が10%で、
    「成功できるはずないと思う自分」が90%だったとしても、

    「成功できると思う自分」の方を向いて歩かなければ、
    行き先が違ってしまうよね(涙)。




    先週末は、東京・新宿に行く用事があり、
    子どもたちを千葉の実家に預けて出かけた。


    帰りに一人で、初めて都庁の展望台に上った。

    窓の明かりが、栃木と違って山にさえぎられることなく続いていて、
    美しかった。


    それから、日本一の居酒屋と言われるお店に入った。
    多くのビジネスマンが見学に来るお店である。

    カウンターで赤いお酒を飲みながら、
    チヂミやチーズなどをつまんだ。


    一人で入るのはなんと思われるかなとこわかったけれど、
    入ってみれば、
    「なんだ、こわかったけど、私、できたじゃん」と思えた。




    これも成功に入れようね(笑)。
    小さな行動でも起こした自分を、ほめてあげようね。

    自分で自分を、
    落ちこぼれだと否定しないために、
    小さな行動でも「成功できた!」とほめてあげようね。
    posted by 成功 at 06:32 | Comment(0) | 自分で自分を認めよう

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。