2009年08月17日

頭がおかしくならないために

「(前略)
ママは秋が嫌い、

いろんなことがあって、
すっかりおばあさんになってしまったわって、
つい愚痴を洩(も)らしたら、

ママはまだ秋じゃない、
夏の真ん中だと真剣に慰めてくれたの」



山崎 豊子著「運命の人(三)」 (文藝春秋)





老人福祉施設で働いているが、
そこに来る利用者さんが私に頼みごとをしてきた。

「東京に行ったとき、
おいしいものを買ってきてくれないかしら」



その方に、
私の実家が千葉だと話した私は、
とてもびっくりした。

もちろん仕事以外の頼まれごとは引き受けられないので、
お断りした。



その方はインテリだし、
認知症でもないのだが、

私は頭がおかしいのではないかと思った。



その方は、
私を呼んでは自分の荷物を持ってきてなどと、
私をパシリとしてよく使うけれど、

以前にも、
公民館に行って代わりに手続きをしてほしいと、
私に頼んだことがあったのだ。



私が老人福祉施設の職員だから、
何でもいうことを聞くと思っているのか、

他人を利用しようとするそのずうずうしさが、
私には頭がおかしいような異常さに思えた。




私が勤務する施設では、
他にも、頭は正常なのにびっくりするような人がいる。


一人では歩けないのに、
自分からトイレに連れて行ってとは言わず、

職員の方から「トイレに行きますか」と声をかけないと、
むくれて、

「もう、ここには来ない!」
と、どなって怒る人。



車椅子に乗ったり降りたりするときにお手伝いするが、
車椅子がほんの少しでも足に当たると、

「イターイ!!」
と、虐待されたように大声で叫んで怒る人。





お年寄りだから、
仕事だからとがまんしているけれど、

こんな大人にはならないように、自分は気をつけなければ、
と思う。




ところで先日、娘のサッカー部の監督に、
草津温泉のお土産を渡したとき、
娘についてこんなアドバイスをいただいた。


「娘さんは技術は向上してきたけれど、
体力がないから試合に出しにくい。


中学生になったら体力もついてくるだろうけど、
今のうちに技術をもっと身に着け、
体力もつけておけば、

中学に入ってから、
他の子より差がついて、うまくなれるよ」




私は、
小学4年生の娘がサッカーをやることで、
少しでも体力がつけばいいな、くらいにしか思っていなかった。

さらに、娘が中学生になるなんて、
想像もしていなかった。


だけど、
今やっていることは、未来につながっているんだよね。





フルタイムで働くようになってから、
とみに体力の衰えを感じるようになった私。


年をとってから、
体が思うように動かなくなって、

前述のお年寄りたちのように、
他人に不愉快な思いをさせるような年寄りにはなりたくない。



それで最近は、勤務の終わった夜に、
夜中遅くまで開店している本屋まで歩くようにしている。

早起きができないから(恥)。


だけど、
千葉の実家に子どもたちをまた長期間、預けたので、
一人暮らしで自由気ままだからできる、というのもあるけどね。




今日は勤務が休みだったので、
栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県の4県にまたがる渡良瀬遊水地に出かけて、

2時間も歩いたよ。


老化防止と腰痛予防のために、ね。



そのあと、
群馬県立館林美術館に出かけた。


栃木県には、
ひとつしか県立美術館はないが、
群馬県には2つも県立美術館があるので、すごいなと思いながら、

企画展示「エコ&アート」を鑑賞した。



私の好きな、
日比野克彦氏のワークショップもあったので、
ワクワクして参加した。



また、
CMにも使われるという芝生が見渡せる、
個性的な建築の美術館の建物自体がすごく気に入って、

美術館内のレストランで食事をしながら、
芝生でボール遊びをする母子を眺めた。






心が自立するために、
身体が健康であることは、とても大事な要因のひとつなんだなと、

ヘルパーという仕事を通して知った。





だから40代の今、身体を動かして運動して、
やがてくる老後に、
心までゆがめられないようにしたいと思う。



また、
今ゆがんでいる自分の心も正すように努力して、
未来の自分をステキにしていきたい。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!





さて今日の本は、
山崎 豊子著「運命の人(三)」 (文藝春秋)です。
http://tinyurl.com/m5gtbg



実在の事件である「外務省機密漏洩事件」を基にした、
全4巻の小説です。


沖縄返還にまつわる政府の機密文書を入手した新聞記者と、
情報を漏らした外務省の女性秘書が逮捕されましたが、

2巻と3巻は、裁判の話が続きます。


主人公が、
言い訳をしないのがあまりにはがゆい。

女性秘書が、
自分の都合のいいように証言したり、
週刊誌に告白したりするのが、憎らしいほど。


挫折が大きすぎると、
人は何年も苦しみますし、
家族も傷つけてしまいますが、

主人公の新聞記者は、彼の妻はどうなっていくんだろうと、
心配しながら、読み進めていきました。






■「笑顔だけの子育て!ほったらかしでも勝手に才能開花する!
自動化育児で悩みが一瞬で消える!

「コドモ塾育自メール通信講座」
http://ad.codomoweb.com/











  • 潜在能力開発

  • 離婚後のうつ体験談

  • 分娩費用がクレジットカードで払える病院

  • posted by 成功 at 20:53 | Comment(3) | 未来

    2009年05月24日

    大きな事故が起きないために

    そんな朝日さんに、私は

    「ずっとこの繰り返しで終わるのかなぁ」
    と漏らしました。


    (中略)
    朝日さんはいつもの明るい、
    けれど落ちついた声で一言、

    「それはないよ」
    と言ってくれました。



    押切もえ著「モデル失格」(小学館)





    仕事休みの平日に、
    先週同様、群馬県赤城山のツツジでも見に行こうかと、
    交差点を直進したとき、


    バアーンッ!!





    恥ずかしいくらいの大きな音がした。



    車は動いていたけど、
    破損していないかとすぐそばの店の駐車場に車を停めた。

    そうしたらね、
    左前輪のタイヤがパンクしていたの!



    あ〜あ〜。

    シュルシュルシュル〜って、
    体も心も、お財布も小さくしぼんでいく感じがしたわ(笑)。




    その自損事故の30分前に、
    市役所の駐車場係りのおじさんに、

    「運転うまいね」

    とほめられたので、
    浮ついた気分で運転して、

    タイヤホイールを縁石にぶつけたのだった。



    トホホ。






    保険会社に電話する前に、
    車を買ったトヨタの営業マンの携帯に電話した。


    私はその営業マンは気に入っていなくて、
    本当は他の営業マンに担当してほしかったのだが(謝)、

    担当なので彼に電話すると、
    すぐ事故現場に来てくれることになった。


    あ〜、
    心強かった。




    それから保険会社に電話して、
    スペアタイヤに交換してもらった。

    さらに縁石がわずかに欠けていたので、
    群馬県警に電話して修理が必要か見てもらった。






    とりあえずスペアタイヤで自宅に戻ると、
    昼過ぎだった。


    トヨタで部品を取り寄せて修理がなおるまでの数日間は、

    ノーマルタイヤの半分の厚みしかない、
    スペアタイヤの車で運転したくなかったので、

    歩いて、
    近所のワイナリーのレストランに食べに出かけた。




    テラス席は、
    ブドウ畑の斜面が正面に見えるいい席だった。


    パスタランチを頼むと、
    まずは、

    オレンジのパプリカやセロリ、水菜などのサラダが、
    彩りよく盛られて私のテーブルに届けられた。

    フレンチドレッシングのすっぱさが絶妙だった。




    食後に、
    「AneCan」専属モデルの押切もえの本を読みながら、

    チーズケーキとたんぽぽコーヒーを頼んだ。






    居眠りしながら本を読み、
    等間隔に植えられたブドウの木々を眺めている自分。


    午前中に自損事故を起こしたおかげで、
    赤城山に行かずに、

    自宅そばのおしゃれなレストランでランチできた自分。




    もしかしたら小さな事故は、
    大きな事故や不幸が起きないように、

    ちょこちょこと起きてくれるものなのかなあと思った。



    というのも、
    介護ヘルパーで新しい職場に入って2ヵ月半。

    仕事にも慣れて、
    毎日の繰り返しに飽きを感じ始めた頃でもあった。



    私のだれた気持ちを、
    事故が引き締めてくれたくれたのかもしれない。






    さて、
    ワイナリーのショップで、
    事故現場まで来てくれた営業マンに渡すために、

    おいしいレーズンサンドクッキーを買い、
    私はまた歩いて、自宅に戻った。





    夕方に営業マンから電話があり、
    部品が届いたという。



    私はレーズンサンドクッキーを持って修理に向かい、

    ついでに燃費がリッター38キロという、
    新型プリウスの運転席に座って、
    どこが新しく改良されたのか、

    エコカーはどれくらい減税されるのかを聞いた。



    ガゾリン代がまた2円上がっていて、
    ハイブリッドカーの燃費がうらやましかったな。



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =



    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!







       〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜


    長谷澄夫さんは、
    日本でも数少ない仙骨後頭骨テクニックで治療する、
    頭蓋骨 や内臓、骨盤矯正の治療家です。


    アトピー性皮膚炎も、
    赤ちゃんは産まれたその日から、
    妊婦は臨月の陣痛が来る直前まで治療できるといいます。


    誰でも実践できる、
    アトピー改善のための骨盤矯正、内臓矯正、背骨矯正のノウハウを、
    お伝えしています。




    「アトピーを治す矯正治療の奇跡!
    骨盤、内臓、頭蓋骨矯正の専門家が教える魔法の治療法!
    1日30分自宅でも通勤電車でもできる整体治療法!
    新生児から妊婦お年寄りまで治療可能!」

    http://tinyurl.com/p9nnfp








    さて今日の本は、
    押切もえ著「モデル失格」(小学館新書)です。
    http://tinyurl.com/ozjeev


    トップモデルの押切もえが、
    「CanCam」の専属モデルだった頃、

    ハワイでの撮影の休日に大ケガをおったそうです。


    首の骨や肋骨が折れていて、
    数ヶ月、モデルの仕事を休んだそうですが、

    それでもモデル業に復帰できたのはすごいと思いました。



    副題は、
    「幸せになるためノあティチュード」。


    ちなみにアティチュードとは、
    ”姿勢”という意味だそうです。








    さて、前回の好評おすすめ情報は・・・



    「問題解決力をつけるオンラインセミナー【オンライン版】
    あなたが抱えている「問題」や「悩み」は、たった3日間で解決できる!」
    http://tinyurl.com/p4e9gc





    ■「笑顔だけの子育て!ほったらかしでも勝手に才能開花する!
    自動化育児で悩みが一瞬で消える!

    「コドモ塾育自メール通信講座」
    http://ad.codomoweb.com/













  • 潜在能力開発

  • 離婚後のうつ体験談

  • 分娩費用がクレジットカードで払える病院

  • posted by 成功 at 21:03 | Comment(0) | 未来

    2008年11月28日

    リストラで就職活動

    「これは何でできているのですか?」

    いつの日からか、
    スタッフは自然とこう答えるようになりました。

    「これは愛で、できています」



    浜口隆則+村尾隆介著「だれかに話したくなる小さな会社」(かんき出版)






    今の会社にいられるのも、あと10日ほどになったけれど、
    いまだ、
    次の就職先が見つかっていない(汗)。


    しかし、
    リストラを言い渡されてから約1ヶ月。

    自分の悪かった点を改善しようと、
    毎日一生懸命、仕事に心をこめてきた。




    たとえば今までは、
    同僚が10分も15分もおしゃべりしていると、

    私はわざとプリプリしたまま同僚のそばを通ったり(苦笑)、


    「Aの機械が、○○の理由で動かないので、みてください」
    と言っても、

    頭も上げず、返事もしないで、
    めんどうくさそうに小さくうなずく男性社員にムカムカして、

    その後の仕事をていねいにできず、ミスをしてしまったり(恥)。




    でも今は、
    同僚のおしゃべりが長くても、

    ねたんだりうらんだりすれば、
    それが同僚に伝わって逆にイジワルされると気付いたから、

    いつまでしゃべっているのかなあと時計を見て時間をカウントしながらも、
    うらまないように心を落ち着けるようにしている。


    また男性社員が無愛想でも、
    仕事自体は手を抜かないように気をつけた。




    そんなふうに、
    ちょっとピリピリと仕事をしていたら、

    私のまわりのシングルマザーやワーキングマザーたちが、
    どんなに一生けいめい仕事をしているかが見えてきた。



    たとえば、
    残業が不況でなくなったので、
    昼間の会社が夕方5時半に終わった後、
    ファーストフードで2時間アルバイトしてから帰宅。

    夜の8時過ぎから、
    子ども3人と一緒に夕食をつくって食べるシングルマザー。


    また、
    平日は会社員、週末はコンパニオンで働くシングルマザー。


    ウエイトレスの仕事で腰を痛め、
    セールスレディに転職したシングルマザー。

    「企業年金がついて、福利厚生がすごくいいよ」
    と、彼女の保険会社に私を誘ってくれた。


    あるいは、
    夜中2時から朝6時まで24時間スーパーで働き、
    帰宅してから夫と小学生の子どもの朝食をつくるママ。


    スーパーで午後3時までパート勤めして、
    小学生の子どもの帰宅を待ち、
    夜はファミレスで働くシングルマザー。


    夫の自宅での仕事を手伝い、
    舅姑の介護、食事作りまでするママ。





    今まで私は、
    仕事はスーツ姿でするものと思い、

    ジーンズや作業服でする仕事をバカにしてきた(恥)。


    誰にでもできる仕事や、単純作業も馬鹿にしてきた(大恥)。


    でも、
    自分がプレス工場で1年間、作業服を着て働いてきて、
    誰でもできる仕事をしていたのに、

    それでも何度も同じミスをしたり、上司や同僚に迷惑かけたりしてきた。



    単純作業、
    誰にでもできる仕事、なんていう言葉でくくっても、

    それを毎日、地道にこなすことがいかに大事なことか。


    それを知ることができた、1ヶ月だった。




    また明日、
    職安、あ、今はハローワークって言うのね、
    そこで仕事を探してみるつもり。

    なんとしても、大いに稼がなくっちゃ!



     = = = = = = = = = = = = = = = = = =



    今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



    日曜日に、
    子どもが元夫の家に泊まりにいったので、
    映画「まぼろしの邪馬台国」をひとりで観てきました。

    竹仲直人と吉永小百合の夫婦愛物語で、
    泣き虫の私はいっぱい泣きました。


    その日は、
    掃除、シーツ、タオルケットなどの洗濯、布団干しなどをして、
    夜はサッカー部の忘年会でした。

    2次会にも行って、
    夜中1時半頃帰宅しましたが、

    翌日の祝日は、
    しっかりアルバイトに行きました。







         〜〜〜 おすすめの情報です 〜〜〜



    雑誌や新聞にも掲載されている占い師「桑島鑑慶」さんの占いスクール講座は、

    予約が取れないといわれますが、
    ついにDVDになりました!


    「九星気学」です。



    運を自分の手で強くする!
    夫婦の相性を知る!


    あるいは、こんなこともわかっちゃうそうですよ。

    お金が貯まらないのは、家族の誰が原因なのか?
    けんかした時に、一体どちらが悪いのかが分かる方法とは?




    有名人もお忍びで通い、政界でも古くから頼られてきた占術。
    このページを読むだけでも、知られざる業界常識が学べます。

    主婦やサラリーマンが最短で頼りの人となる法
    『最短であなたもプロ級になるための占い講義』

    http://tinyurl.com/6q49ex







    さて今日の本は、
    浜口隆則+村尾隆介著「だれかに話したくなる小さな会社」(かんき出版)です。
    http://tinyurl.com/6yl65k


    小さい会社って、儲からないと思っていました。

    でも社会に対して、
    こんなにすごい影響力もパワーももてるんですね!!

    中小企業の強みを生かした会社の具体例が、
    たくさん載っています。







    さて、先週の好評おすすめ情報は・・・


    「すごい!サプライズアイデア集 
    〜どんなに高価なプレゼントよりも人を感動させることができるアイデア〜」

    http://tinyurl.com/6lnu8j




    ■「笑顔だけの子育て!ほったらかしでも勝手に才能開花する!
    自動化育児で悩みが一瞬で消える!

    「コドモ塾育自メール通信講座」
    http://ad.codomoweb.com/





  • シラルガン・サーヴァーボウル

  • ローラメルシエ スキンケア&ベースメイク

  • ローラメルシエ通販ファンデーション

  • posted by 成功 at 06:56 | Comment(0) | 未来

    2007年08月17日

    10年後の私

    10年後日記をつけるといいよという話を聞いた。

    自分の将来を、
    現在の自分と関係なく理想化して書いていいというものだ。


    理想化した自分、
    本当はこうなりたいと思っている自分を文章化して、
    ワクワク感を高めてイメージを現実化するのだ。




    さて、私の10年後。

    いつはも財布と貯金の残高が気になる私としては、
    まずお財布にいつも10万円が入っているように願う(笑)。


    自宅に戻れば、
    いつでも使えるように30万円ほどの現金を置いておく。

    貯金は、
    家とベンツの支払いが終わったので5000万円にしておこうか。



    土地1000坪と木造の大きな家は、
    私がこんな家を手に入れたいとずっと思っていたお料理の先生の家と同じ。

    ツリーハウスがあって、
    大きな樹の太い枝からはブランコがぶら下がっているの。


    庭の端には、
    梅、山椒(さんしょう)、柚子(ゆず)、ブルーベリー、
    それから枇杷(びわ)、夏蜜柑(みかん)、林檎(りんご)など、
    食べられる樹がいっぱい!

    椎茸(しいたけ)も栽培しているの。



    さて私は、
    長くてツヤツヤな髪の毛を外巻きにカールして、
    お肌もプリプリ!

    黒いマスカラが私の大きな眼をひきたて、
    口に入っても安全な赤いルージュが、
    私の笑顔をよりいっそう魅惑的にしているの(笑)。


    中学時代から悩みの種だった太いふくらはぎがほっそりとして、
    ようやく短いスカーートも自信を持ってはける!

    それに鑑賞するだけだったクラシックバレエを始めた私は、
    ポッコリお腹も、たるんだお尻も引き締まり、
    猫背も直って、
    プリマドンナ気分で毎日街を闊歩している。



    ビジネスが順調で、たくさんのお金が毎日入ってくるので、
    気になった本はすぐ買うことができ、
    毎日本を読む時間がとれるのがうれしい。

    時には、
    大きくなった子どもたちに今だに眠る前に読み聞かせもしている。


    PTA活動もし、
    子どもたちの教育について、
    たくさんのマダムやムッシューたちと情報交換もしている。

    そして家族ぐるみで、
    安心して付き合える仲間もできた。



    冷蔵庫には、
    新鮮な無農薬野菜と安心して食べられるお肉や魚などが必要な分だけ入っている。

    お料理は苦手だったけれど、
    高い食材も買えるようになったのでレパートリーも増え、
    夕食に呼ばれたり呼んだりして、
    忙しい中ウィークデイにも、短くても楽しい時間を作り上げている。



    子どもたちが私を「クソババア」と呼ぶことはなくなり(恥)、
    私が子どもたちに怒鳴ったり脅かしたり強制したりすることもなくなった。

    子どもといろんなことを話し合えるようになり、
    家族の中で自分はどうしたらいいのか、
    自分は将来どうしたいのかを、
    お互いに言葉で確認できるようになった。


    私はまた、
    両親にありがとうをたくさん口にすることができるようになった。

    そして、
    「私は生まれてきてもいい存在だった」
    「こんな自分でよかった」
    「どんな自分も、すべて必要だった」
    と、
    頑なになってしまっていた自分、
    わざと意地悪をしてしまった自分などを許せるようになった。


    今では、
    「この私で、私は十分満足している」
    「私は私が大好きだ」
    と心から言えるようになった。



    今の私はとてもよくがんばっていると自分で認めることができ、
    しかも十分なお金が入ってくるので、
    安心して、目指すライフスタイルを送ることができる。

    さらに人間関係もうまく作って、
    そして良好な関係を続けることができるようになったので、
    他人からも認められているという自信がある。


    それに高校時代から関心のあった、
    河川の水質浄化のボランティアで地球に貢献もし始めた。

    大好きな旅行もよく行き、
    春と夏には海外に出かけるので、
    アフリカのキリンや南極のペンギンも子どもたちと一緒に見ることができた。




    こんな10年後。

    人間関係も経済的にも家族にも自分にも満足できるので、
    安心して、
    「自分はすばらしい。
    明日はもっとよくなる」
    と信じられる毎日。


    こんな安心感と自信がほしいんだな、今の私は。



    スポーツ選手のイメージ・トレーニングは有名だが、
    イメージさえできれば、実現可能だそうだ。

    好き勝手なことを書いていい10年後日記。
    もっともっと書き足していこう!

    posted by 成功 at 06:10 | Comment(0) | 未来

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。