Top 豊かな人間関係に ;>おしゃべりは情報収集だった!

2009年10月30日

おしゃべりは情報収集だった!

そうやって長年、世間を見ているとよくわかるけど、
仕事の一番の決め手は「情報」だ。

そして、
それを持ってきてくれるのは「人」なんだな。


ネットや学校の類には、
建前はきれいごと抜きの「ホントの情報」はないぞ。

ホントのってのは、
「俺たちの運命を、
人生を変えちゃうような情報」のことだ。



岡野雅行著「カネは後からついてくる!」(青春出版社)





ガールズトークってやつが、
私は嫌いだった。


誰々が○○してバカみたい、だの、
あんなこと言ってひど〜い!、だの、

友だちの噂話や悪口がいやだった。




私の母がね、
立ち話をしている同じマンションのおばさんたちを、
バカにしていたから、

私も、
女同士の立ち話や長話はいけないものだと思ったのだった。



だから、
職場でも仕事が終わるとすぐに家に帰った。

ロッカー室や駐車場で、
仕事帰りにいつまでもおしゃべりしている女の子たちを
尻目にして。


昼休みも、
くだらないおしゃべりには付き合わずに、
新聞を読んだりして時間をつぶしていた。




だけど、
そんなおしゃべりが大事なものだったなんて、

「痛くない注射針」を作った岡野工業の岡野雅行さんの本を読むまで、
私は思いもよらなかった!!(バカです・・・)





岡野さんは、

情報は人が持ってきてくれる、
という。


私は初めて、
ガールズトークの必要性、大切さに気が付いた。




それからは、
老人介護施設での職場ですれ違う職員や、
高齢の利用者さんたちに、

なるべく話しかけるようにした。


ヘルパーの仕事には、
利用者さんとおしゃべりをする、という仕事もある。

そして利用者さんたちと信頼関係を築くのも、
仕事である。


そのためには、
自分から話しかけていかないと。



しかし中には、
口から生まれたようなおばさんたちも多いし、

ヘルパーのあげあしをとったり、
いやみをわざと言ったりする人もいる。


私はそういう苦手な人は、
避けていたし、
近づかないようにもしていた(恥)。



だけど、
口下手で話題も少なく、
友だちもいないような私には、

そういうおばちゃん、おじちゃんたちとの会話を成り立たせて、
コミュニケーション能力を磨くのが、
実益も兼ねた仕事だよネ。





さらに昼休みも、
黙って同僚たちの話を聞いていないで、

自分の話もするようにがんばった。


息子のクラス担任のえこひいきのはなしをしたり、
昨晩の夕食の献立を披露(ひろう)したり、

送迎時に見かけた白たいやきの店の話をしたり。




それでも、
私が話そうとしても誰も聞いてくれなかったり、

私の話の途中で、
他の人が他の話題に変えてしまったりすることもあって、

落ち込む。



だけど週末も、
娘が入っているサッカー部とドッジボールクラブのママたちと、

一生懸命、話をつなげて、

とにかくなんでもいいから、
おしゃべりする練習をしてきた。




おかげで、
息子のクラス担任が誰をえこひいきするかもわかったし、

玉菊が見事なお祭り会場も教えてもらえたし、

焼肉やデザートが食べ放題のお店の場所も教えてもらえた。




そしてなにより、
くだらないと思っていたママたちとのおしゃべりが、

実は情報のやりとりだったということに気が付いた。





自分から、
どこの学校の何年生が学級閉鎖になったとか、

どこの学習塾やスイミングでインフルエンザが広まったとか、
知っている情報を伝えてみれば、

相手がそれらを知らないこともあるし、

知っていても、
もっとすごい情報が相手から飛び出ることもある。





女はおしゃべりでストレス発散をするという。



今までおしゃべりをしてこなかった私は、
何十年分ものドロドロの気持ちがたまっている。

だから怒りっぽい。



たいした内容がなくても、
これからもおしゃべりをして、

相手からつまらないと思われても、
その場限りの仲良しおしゃべりでもいいから、

しゃべる練習をして、
怒りを発散できる自分になりたい。





いつか、
楽しいおしゃべりができて、
いい顔の女性になりたいから。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



今日は、
原作が山崎豊子の映画「沈まぬ太陽」を見てきました。
http://tinyurl.com/yz59w7s


この本は、
単独機の事故として史上最悪の死者を出した日航機墜落事故を起こした、
日本航空の実在の社員・小倉寛太郎さんをモデルにした小説です。


原作も昔読んでいましたので、
泣くのを覚悟で映画を見ました。


主演の渡辺謙や三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二らの
豪華出演の、
3時間半に及ぶ長い映画で、

何度も何度も涙をこぼしました。






さて今日の本は、
岡野雅行著「カネは後からついてくる!」(青春出版社)です。
http://tinyurl.com/yjy4u67


村上龍さんも推薦している本ですが、
この本はおすすめですね。

建前ではなく、
本音が書いてあるので、読みやすいです。


がんばって、
筋を通して仕事をしてきた人の話は、
おもしろいです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者 ひまわりちほりん
■連絡先 このメルマガに返信すると、ちほりん宛に届きます!
■メルマガの登録・解除   http://www.melma.com/backnumber_104169/

■アマゾン・マーケットプレイス「ほんわか書房」で、中古本出品中!
 複数の本をお買いになりたいときは、送料値引きできます!!
     http://www.kokorogawakuwaku.com/honwaka.html

■「ETC購入体験」http://etc.kokorogawakuwaku.com/

■Copyright(C)2009 ちほりん   許可なく引用、転載することを固く禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








  • 潜在能力開発

  • 離婚後のうつ体験談

  • 分娩費用がクレジットカードで払える病院

  • posted by 成功 at 19:55 | Comment(0) | 豊かな人間関係に
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。