Top 自分で自分を認めよう ;>心のデックスすると孤独じゃなくなる

2009年10月02日

心のデックスすると孤独じゃなくなる

「おとこのこは どうして
  かなしそうなかお してるのかな?

    きっと、あそぶものが ないからだね」



ドン・フリーマン著「くれよんのはなし」((ほるぷ出版)





先日、車で栃木から東京に行き、
セミナーを受けた。

『心のデドックス』のやり方を習ってきたのだ。



たとえば私は、他人に傷つけられても、
我慢して言い返さなかったり、

自分の方が悪いんだと思い込もうとする。


そして憎しみや怒りなどの気持ちを、
どんどん自分の中にため込んでいく。


おかげで今では、

おこりっぽくて、
毎日イライラしている自分のできあがりだ(恥)!





ところで講師によると、
嫉妬(しっと)や不満などを抑圧するには、

8割ものエネルギーを使って、
おさえこむという。


残り2割のエネルギーで生活しているのだから、
毎日、生きづらくて苦しいのは、
当然だったのかな。




さて、
しょっちゅう、子どもに八つ当たりして怒っている私は、

東京から栃木に帰る車の中で、
さっそく心のデドックスを始めた。


そうしたらね、
すぐに効果が出たよ!




たとえば、
子どもの友達のママで、
私と視線を合わさないお母さんがいるんだけど、

しゃべりかけても返事をしないその人のことを思うと、
バカにされたとくやしくて、
どうして私は受け入れられないのかと悲しくなる。


そして、
そんな大人気ない態度をとる相手が悪いと思ったり、

自分にも非常識なところがあるのかもと、
自分を責めたり、いじめたりする・・・。



だけどね、
心のデドックスでは、

バカにされてくやしいという気持ちや、
返事もされずに寂しいという思いだけを、
かみしめればいいと教わったの。




悪いのは誰か?
と、

悪者探しをしなくていいんだって!!





私ね、
悪者探しをしないおかげで、
すごーく楽になったの!


だって、
小学生のときから大学受験を目指して、

勉強勉強でがんばってきた私は、
テストでまちがえたら、


どこをどのようにまちがえたのか、

を見つけて、
正しいやり方で、もう一度、答えを出す練習をず〜〜〜っとしてきたから。




だから自分が他人に傷つけられたとき、

相手がどのように悪いのか?
自分のどこが悪いのか?

と探すのが、クセになっていた。



でも、他人を責めるのはいやだったので、
私はいつも自分を悪者にして、

相手が悪いときでも黙って、
ひたすらガマンしてきた。


そうして自分にも非があると、
謙虚に自分を責めて責めて、自分で自分を苦しめてきた。




だけど、
もう、そんなこと、

しなくていいんだって・・・。


自分を責めなくていいし、
相手も責めなくていいんだって。



なぜなら、
過去にためこんできた怒りや不満が引き金になって、

もう一度、
いやだと感じることが起きただけだから。




だから、
その怒りや悲しみを味わうだけでいいという。


ああ、自分はこんな気持ちを感じていたんだと、
自分の感情を理解するだけで、
いいという。


誰も責めずに、
自分の怒りがおさまるまで、

ひとりきりになって、
何時間でもその気持ちを感じていればいい、という。




私は、

相手のママが非常識だとか、
自分にも反省点があるなどという考えが浮かぶたびに、
それはわきに置いておいて、

ただひたすら、
くやしい、悲しい、さみしい

という気持ちを、自分で自分で理解しようとして、
長い時間をさいた。




そうしたらね、
私、

初めて孤独じゃなくなった気がしたの。





今まで、ずっと孤独だったんだ、私。

誰といても、
さみしかった。



そして、いつも自分の中身がからっぽな気がして、

透明人間のように、
誰からも認められない人間だと、
自分のことを思っていた。




だけど、そう感じるのは当たり前だった。



だって、自分が傷つけられて悲しかった気持ちもくやしさも、
全部、
自分の心の押入れに押し込んできたから。


気がついたら、
心のリビングのテーブルも、読みかけの雑誌も、
コーヒーもクッキーも、

全部、心の押入れに入れてしまい、
私は何も持っていない、何も感じない人間になっていた。



だから、
心のリビングがガラ〜ンとして、
孤独だったの・・・。





自分の気持ちを抑圧してきた人にしか、
わからないかもしれないけど、

やっと私は、
自分で自分を孤独にしていた、

ということを体感できたの。






心のデドックスをすると、
まわりが変わり、
順調になっていくという。

私はセミナーに行った日から、
副業の売り上げが上がった。


だから、
心のデドックスがうまくいっているんだな、
と理解している。



そして、
子どもに怒るときも、長引かなくなった。


本来の自分、透明人間じゃない自分に、
かえれそうな気がしている。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!



今日は朝から大雨の中、
子どもの運動会でした・・・。


といっても、
運動会の始まる9時すぎに、

順延

と、やっと決定したの。



雨の中、
お弁当を入れたバッグをビニール袋にくるんで、
小学校に向かうときに、

知り合いから順延を聞かされ、
自宅にお弁当を持ち帰りました。







さて今日の本は、
ドン・フリーマン著「くれよんのはなし」(ほるぷ出版)です。
http://tinyurl.com/yckw3xs


我が家には数百冊の絵本がありますが、
寝る前に子どもたちに絵本を読んであげる習慣も、

フルタイムで働くようになってからは、
なくなってしまいました・・。


でも時々、
ほこりのかぶった絵本をひろげてみるのです・・・。


そうして子どもが宿題をしていたり、
マンガを読んでいたりして、

関心なさそうでも、
自分の読めるときに、思いついたときに、
声を出して絵本を読みます。



かなしそうな顔をしていた男の子が、
笑顔になったとき、

自分もホ〜ッとした、
ハラハラドキドキ絵本でした。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者 ひまわりちほりん
■連絡先 このメルマガに返信すると、ちほりん宛に届きます!
■メルマガの登録・解除   http://www.kokorogawakuwaku.com/merumaga.html
■アマゾン・マーケットプレイス「ほんわか書房」で、中古本出品中!
 複数の本をお買いになりたいときは、送料値引きできます!!
     http://www.kokorogawakuwaku.com/honwaka.html

■「ETC購入体験」http://etc.kokorogawakuwaku.com/

■Copyright(C)2009 ちほりん   許可なく引用、転載することを固く禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




  • 光インターネット解約体験

  • ETC購入体験

  • 光ブロードバンド工事体験

  • posted by 成功 at 17:12 | Comment(4) | 自分で自分を認めよう
    この記事へのコメント

    http://Zoom.Sersai.com/9on66al/
    ココの常連にいる米青 子 大 好 き 女はヤバいな!!!!
    10回くらい出してぜーんぶ飲み干したくせにまだ飲みたーいとか言ってたしwwwww
    マジで全部飲まれるかと思ったわ!!ブルブル(( ;゚Д゚))ブルブル

    ま、代わりに10マン+寿司とかなりウマかったんだけどねwww体力的にきっついわwwwww
    Posted by バーボンさん at 2009年10月04日 07:53
    こんにちは はじめてコメントさせてもらってます。文章読んでて全くおんなじ感情の人が他にもいるんだなっておどろきました。今子供が幼稚園なんですけどあいさつしてくれないとか視線をあわせてくれないとかで私も悩んでいました。
    Posted by あい at 2010年07月13日 10:36
    迷惑だから関わりたくないのに挨拶しない、仲良くしないとかで腹立てて色々いうババアがいます。
    相手には付き合う相手を選ぶ自由があるんで放置して下さい。
    世界は貴女が中心じゃありませんよとババアに言いたい。
    Posted by さく at 2011年05月05日 07:24
    こんばんは(._.)☆偶然たまたま拝見させて頂いたのですが、私も同じような気持ちずっと抱えこんできていたので、すごく共感なのと同時に、読ませて頂いて気持ちがなんだか楽になりました。

    つらさや寂しさや悔しさって目を向けたくないから、心が悲鳴あげたまま解決方法さがしたり自分せめたり向き合っていなかったんですが
    私も自分の気持ち理解してみようと思います。

    ステキなブログに出会えて良かったです。
    ありがとう。

    Posted by mari at 2012年06月02日 22:36
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。