Top セルフイメージを高める! ;>女だからサッカー

2009年07月20日

女だからサッカー

逆に、
あなたが取りこんだ「親の考え方」「こうすべきという決まり」が

自分の望む生き方をじゃましているとわかったら、

放り出していいのです。



クラウディア・ブラック著「子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方」
(アスク・ヒューマン・ケア)





週末に、
小学生の娘のサッカーの大会があった。


普段は、
娘の通う小学校の男子と一緒のサッカー部で試合に出るが、

今回は、
市内の女子選手を集めてつくった女子チームで大会に参加して、
男子チームと戦ったのだった。




その大会の1ヶ月ほど前から、
女子チームに参加する女子選手は、

女子だけで集まって、
毎週ナイター練習をした。



それで私は、
夕方5時半に仕事を終えて6時ごろ帰宅し、
すぐに夕食を作って食べさせ、

娘を7時からのナイター練習会場に送り迎えしたけれど、
めんどうくさかった。


介護の仕事の肉体労働で疲れているし、
ゆっくり料理をしてゆっくり子どもと夕食を食べたいのにできないイライラ、

そして、
他のサッカー部ママたちとのあいさつ、おしゃべりが、
気づまりだったからである。



それでもこの大会では半強制的に、
市内の各チームに所属している女子選手を集めて女子チームをつくることになったので、

私は娘の所属しているサッカー部で、
娘を大会に出させたかったのだが、

しかたなく女子チームに娘を参加させたのだった。






だけどね、
女子チームの試合を初めて見たら、

感動したの!



だって男子チーム相手に、
女の子たちがすんごくがんばっていたの!!




男子チームのパスを女の子たちがヘディングで、
何度もカットした。



息子や男子がヘディングしたら、

「うわ〜、かっこいいなあ。
すごいな」

としか思わなかったけれど、
女子に対しては、

「あれ〜、おでこ痛くないのかな。
大丈夫かしら」

と心配してしまった。




ところがそんな心配をよそに、
娘より学年の上の女子選手たちは、

スライディングタックルをしたり、

男子にTシャツをつかまれてプレーをはばまれても、
ボールを奪おうと競り合ったり、

ゴールラインぎりぎりまでボールを追いかけて、
走って走ってボールに追いついたり。





女子は同じ学年の男子より体力的に落ちるので、
サッカー部内では、
娘は同じ学年の男子よりも格下に見られている。


男の子を持つママたちの、
娘を格下に見る話し方がとても悔しかったけれど、

自分でも女子選手は男子におとると思い込んでいた。




女の子だからヘタクソ

女子だから、男子より体力がおとる

女子だから、やる気も少ない






だけど、
市内の10以上のチームから寄せ集められた女子選手たちは、

私が想像していた、
ナヨナヨとして、男子に負けてもしかたがないと思うような、

そんな女子チームではなかったのだった。




男子とぶつかって、
グランドにころがり腕をすりむいたり、
足を痛めたりしても立ち上がる。


さらに、
すりむいたところを再びすりむいて、
傷がうんでも泣かないし、

泣き言も言わずに、
また次の試合に出る。



あるいは、
男子でもあきらめてしまうような、
誰も追いかけないボールを走って走って、

走って追いつこうとするその一生懸命な、
まっすぐなファインプレーが、

心をうったの。




男子相手だからとか、
女子だからとか、

そんな言い訳はなく、

ただ、
試合に勝とうと無心にがんばっていた女子選手たち。





私自身は、
いつも自分が女だからできない、ダメ、うまくいかない、

と言い訳していた。



女だから、
料理や掃除をやらされて私は損をしている、

と思っていた。



この世の中は、
オトコの方が得をするようにできている、

男に生まれればよかった、
と、
子どもの頃からオンナであることにうんざりしていた。






苦手な料理を毎晩、毎朝するたびに、

オンナだからやらなくちゃならない、
あ〜、やだやだ

と思いながら料理してきたけれど、


オンナだからやるということを忘れて、
料理をするということに気持ちを集中していきたいな、
これからは。




大事なわが子に安全な料理を食べさせたいから、
私が料理するんだとか、

腹が減ったからつくろうとか、

そんな意識で料理に向かいたい。



オンナだからしかたない、じゃなく。

苦手な料理をつくるときは、
自分が女であることを忘れたい。



 = = = = = = = = = = = = = = = = = =



今日も読んでくださったあなた、いつも応援ありがとうございます!!





さて今日の本は、
クラウディア・ブラック著「子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方」
(アスク・ヒューマン・ケア)です。
http://tinyurl.com/nk9jvj


クラウディア・ブラックは、
AC(アダルト・チャイルド)という概念の生みの親です。


拒絶を感じた子どもは、
「話すな」「感じるな」「信頼するな」 の防衛策を身につけて、
本心を話せなくなります。

そして、
他者とのココロの通った関係を結ぶことができず、
情緒的に孤立してしまいます。



今もそんな私ですが、
「インナーアダルト」を育ててみたいと思いました。






さて、前回の好評おすすめ情報は・・・


ジェームス・スキナーのCD無料プレゼント!!
http://tinyurl.com/klap8t




■「笑顔だけの子育て!ほったらかしでも勝手に才能開花する!
自動化育児で悩みが一瞬で消える!

「コドモ塾育自メール通信講座」
http://ad.codomoweb.com/








  • 光インターネット解約体験

  • ETC購入体験

  • 光ブロードバンド工事体験

  • posted by 成功 at 23:40 | Comment(0) | セルフイメージを高める!
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。